注目キーワード
  1. 文春
  2. ナックルズ
  3. 炎上

佐藤浩市を左翼と貶めようとしたのは誰なの?原作の「空母いぶき」の首相や安倍首相を調査!

映画 NO IMAGE

映画の「空母いぶき」に首相を演じる佐藤浩市さんのインタビューが安倍首相を揶揄していると炎上しているそうですが・・・

原文のビッグコミックを読むと炎上している意味がちょっとわからなかったのでまとめて書くことにしました。

ビッグコミックに掲載している佐藤浩市さんのインタビューでは、安倍首相と名指ししていません。

佐藤浩市のインタビューで批判したのは誰?

映画版「空母いぶき」の首相役である佐藤浩市をインタビュー内容が掲載されているビッグコミックを読んでがっかりし、見たくないと批判したのは産経新聞記者の阿比留瑠比とネット上では言われています!

阿比留瑠比のfacebookで掲載されているというのでチェックしました。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

この部分だけコピペした理由はわかりませんが・・・

もっと大事な部分がかけているんじゃないかな?とも思いました。

ビッグコミックに掲載されている佐藤浩市のインタビュー原文は?

「反体制の気風で生きてきた世代だが、監督やプロデューサーと話す中で、人間的な弱さを抱えながら最終的にはこの国の形を考えるような総理を演じたいと思うようになった。この国が『戦後』であり続けるため、専守防衛を維持することが必要だからだ(大意)」

「ストレスに弱く、すぐにお腹を下してしまう設定にしてもらった」の設定の理由は、「そういう人間的な弱さを抱えた人物が危機下の総理という過酷な状況の中で成長し、本物の政治家になっていく」

原文を知ると、安倍首相の病気のことも、佐藤浩市が考える首相の設定を独断ではなく、スタッフやプロデューサーと話す中でこういう設定が出来上がったとなっている。

揶揄したとか、シナリオを勝手に変えるなと勘違いしてると思われるコメントが多いようだが・・・原文をちゃんと読んでいます?

高須克弥までも・・・原文を読んだかな?

百田尚樹のは作家としてシナリオを勝手に変えてほしくないと思う方なんだろうか?

シナリオを変えてもいい映画を作ろうとする気概があるならいいよという作家もいれば、シナリオを忠実にやってくれ!という作家もいるのを聞いたことあるな!

百田尚樹は後者なのかもしれませんね!

最後までありがとうございます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!