川島美沙へ陣痛促進剤を投与した産婦人科医院の名前や医師は誰?神奈川県の病院を調査!

川島美沙さんへ陣痛促進剤を投与し出血過多でこの世に生まれたばかりの長男を抱っこできないまま亡くなられたという悲しいニュース。

このニュースを読むと、2017年8月に、神奈川県内の産婦人科で起きた内容なのですが、医師や病院側の適切ば投与がされなかったうえ、止血など適切な処置が行われなかったとして、2019年4月3日、病院側に対し、約1億4200万円の損害賠償を求める訴えを起こしたとなっています。

引用
我が子を抱っこできないまま、29歳の母親が…
お産がスムーズに行えなくなった時、人工的に陣痛を強めるための薬が「陣痛促進剤」。
厳重なチェックのもとに使うことで、お産を安全にコントロールでき、赤ちゃんと母親の命を救うことにつながる…しかし、悲劇は起きてしまった。

これはどういう経緯でそうなってしまったのか?
陣痛促進剤を投与した神奈川県の産婦人科医院の名前は?
産婦人科の医師は誰?をまとめていきます!

川島美沙が陣痛促進剤を投与した理由は?

川島美沙さんは、2017年に長男を出産した際に、陣痛促進剤の投与され、出血多量の末、なくなってしまいました。

長男の出産の時に陣痛がスムーズではなかったといいます。

そのため、人工的にに陣痛を強めるための薬「陣痛促進剤」を医者から勧められて投与した結果・・・

出血多量を起こし、失血死を起こしたとのこと。

「陣痛促進剤」を勧めたのは強制だった?

「陣痛促進剤」を勧める時に、いきなり分娩室に呼ばれて、リスクの説明もなく、同意書を半ば強制的にサインされてしまうケースがあるといいます。

川島美沙さんが長男を出産した際には、強制的だったのか?それともリスク説明もして、納得の上で同意書のサインしたのかが今回の裁判でのポイントの一つになるかと思われます。

もう一つは、「陣痛促進剤」を投与する際には使用量を十分に気をつけなければならないと中林病院副院長の中林靖医師は警告しています。

使用量に注意して気をつけていれば安全な薬であるとのこと

川島美沙さんを受け持った産婦人科での使用量は適正だったのか?

適正であれば、出血多量は起きないはずなので適性ではなかった可能性もあるのではないでしょうか?

陣痛促進剤を投与した産婦人科医院の名前や医師は誰?

川島美沙さんは緊急を要する状態だったところに医師は、「心臓止まっちゃっているけど、びっくりしないでね」とおっしゃったようです!

川島美沙さんの旦那や妹、親族を心配させまいという気持ちからおっしゃったのかもしれませんが、、、

心臓が止まっている状態でこの言葉は酷すぎる!

そんな酷い言葉をかけた医者は誰なのかや病院の名前は、
「神奈川県内の産婦人科」
だったそうです。

2017年8月のできごとだったので、その情報から調査していきます!

神奈川県の産婦人科をまとめ

神奈川県内にある産婦人科が下記のサイトでは160件ありました。
https://byoinnavi.jp/kanagawa/025


神奈川県内の産婦人科の医師数が少ないのが原因もあるかもしれないが、、、医師の注意不足だったのが今回の事件につながった可能性が大きい感じがしてならない!

ネットの声

最後までありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください