児玉千明(福井県高浜町議員)の獣肉解体や鹿ネクタイのfacebook投稿内容が気になる!

福井県高浜町議員をしている児玉千明議員のfacebook投稿内容が動物愛護団体より辞職を求める要望書を送付したということなんだが・・・

私がfacebookでみたところ・・・虐待でもないので、どこが問題なの?っていう感じでした。

どんな投稿をしたのか?書いていきます。

獣肉解体や鹿ネクタイのfacebook投稿内容

児玉千明議員のfacebookでは描写が過激すぎるということで下の画像になっていました。

クリックすると写真が見られるのですが、豚や馬、牛を解体するのと変わらない写真でした。


これを「命を軽視するような行為」にあたるそうです

「命を軽視するような行為」に当たるか当たらないかは豚や牛を解体している工場の現場を見たことがない方だとおもっています。

この工場では児玉千明議員のfacebook投稿よりも粗末で残酷な扱いをしています。

某工場の処理の一部を載せます。

引用
電気ショックを与えられ、動けなくなった後、胸のあたりの頚動脈を切り放血し、失血しさセル方法で行われています。
生きたまま失血させるのは、血液が固まってしまうと、血が肉に残ってしまうためです。

豚たちは足をばたつかせることが多々あります。
「反射で動いているだけだ」、「苦しいかどうかはわからない」などの言い訳は多く聞こえてきますが、明らかに、死ぬまでに彼らは恐怖を感じ、そして電気ショックは強烈な痛みを伴います。
そして、毎日大量の豚を殺し続ける中で、かつ、個体差が大きい中で、一律の作業で完璧に失神させることなどは、不可能なことなのです。

こうして処理した肉を牛肉や豚肉、鶏肉を食べたことがある家庭のテーブルの上に届けているんですよ。

ある意味生きたまま処理しているとも考えられますよね。

猟友会は鉄砲で仕留めた動物を食べることに感謝の気持ちを忘れずに処理している方がいます・

きちんと命を滅し、食べ物と頂いていることの感謝している気持ちを忘れないでほしい!


どっちか残酷なのかは肉を食べる以上難しい問題だと思います。

肉を食べたくないと思うようであれば、肉を食べない国に行かれたほうがいいですよ。

動物環境・福祉協会Evaって?

福祉協会Evaの理念には動物の健康と命の尊厳を守るため、動物の幸せとは何かを動物の目線になって考え、最善を尽くすよう努める。

目的は動物の環境と福祉の整備を図るとともに、広く国民に対する動物愛護精神の啓発に関する事業を行うことにより、人々が動物の生命の尊厳を守り、人と動物が共生することのできる思いやりのある社会の実現に寄与することを目的とします。

理事長をやられている杉本 彩さんは肉料理が得意のようでブログアップしています。


福祉協会Evaは児玉千明議員が肉解体での投稿シーンが「命を軽視するような行為」と見られたことでしょうね。

変顔や白目を面白がっている児玉千明議員なのでそれが気に入らなかったとか?


「顔芸やめい!」という方も・・・

児玉千明議員のfacebookを見ている方にはわかる芸なのらしい!

最後までありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください