池江璃花子の白血病の種類・治療薬や根治する期間は?東京オリンピック出場はどうなる?

池江璃花子の白血病について

2019年2月12日に池江璃花子選手の白血病告白はTwitterで公表をし、世界の皆さんを驚かせるものとなりました。

彼女は「強くなった池江璃花子を見せられるように頑張っていきたい」と前向きな姿勢に心打たれています。

池江璃花子選手の告白により応援や励ましするコメントが多く見られる中、余計なひとことの発言をされて炎上してしまう大臣もいたようですが・・・

多くの方に愛されているんだなとも思いました。

白血病の種類は?

池江璃花子選手の白血病の種類が正式にわかるようになるには約2周間かかるそうです。

白血病の種類についておおまかに分けるとこのような種類があります。

大まかにはがん細胞が急速に増殖する「急性白血病」とがん細胞がゆっくり増殖する「慢性白血病」に分かれています。

その中からがん細胞が骨髄系の場合は「骨髄性白血病」やリンパ系の場合は「リンパ性白血病」と細かく分類されています。

急性白血病の種類

急性白血病

  • 急性骨髄性白血病
  • 急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫
  • 急性前骨髄球性白血病

上記の3つの他にもあるそうです。

慢性白血病の種類

慢性白血病

  • 慢性骨髄性白血病
  • 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫

上記の他にもあると言われています。

その他の白血病の種類

その他の白血病

  • 成人T細胞白血病/リンパ腫
  • 骨髄異形成症候群

白血病の症状や生存率・特徴

急性白血病では貧血や息切れなどの症状が出て、慢性白血病では初期段階では自覚症状がない。

池江璃花子選手の症状の内容を見る限り、急性白血病の症状に近いですが・・・

急性でも「急性骨髄性白血病」、「急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫」「急性前骨髄球性白血病」などがあります。

種類が細かく分かれていて、ぞれぞれの治療法も数多くあるとのことに今まで知らなかったです。

生存率は厳しいものもあれば、完治して通常の生活に戻っているアスリート選手も・・・

昔ほどの生存率は医学の進歩によって改善されているとデータもあり、若い年齢ほど治る確率も高くなるデータも!

白血病について全く知らない方が、応援とか励ましはできるだけ控えたいと発言した宇野昌磨さんには賛辞を送りたい!

白血病の治療薬がドーピングに引っかかる可能性!

池江璃花子選手が東京オリンピックでメダルを取りたいと強い気持ちを持って前向きな姿勢に厳しい現実があるのも事実です。

白血病の治療薬にステロイド系を使うとドーピングに引っかかる可能性があるそうです。

そうなると、東京オリンピックは出場できないという判断も・・・

東京オリンピックの出場ができなくなったとわかっても、次のオリンピックを目指す考え方をする人もいますが・・・

私としては、池江璃花子選手のおばあさんが語ったひと言に同感と感じています!

引用
「オリンピックなんて、もう出なくていい。生きてくれさえすれば。私が死ぬ前に死んでほしくない。でも、治る病気らしいよ。渡辺謙だって治しているしね……」

オリンピックが全てではなく、どのように生きていたのかも大事だし、、、

オリンピックに出られなくても過去の成績から池江璃花子選手は世界ナンバーワンになれたという事実もある!

それだけでも十分すぎる!

白血病が根治(寛解)する期間は?

白血病を根治するにはいろいろな治療薬があり、殆どが抗がん剤治療が効果的だそうです。

引用
血液のがんである白血病には、抗がん剤治療が効果的な場合が多く、がんの中では完治を望める部類で、完治の確率は五分五分と言われている。完治した場合、一般のサラリーマンの方で社会復帰までは1年、アスリートとして復帰するまで2年の時間が必要だと言われている。入院中はトレーニングはすることはできないことを踏まえ、相応の時間が必要になる。

治療する期間中はトレーニングができないことから復帰に時間がかかる理由もあってなおさら東京オリンピックは厳しいものとなっています。

今私達にできることは、池江璃花子選手が東京オリンピックに出場することを祈るのではなく、完治をして生きて戻ってくることを祈りたいです。

池江璃花子の白血病についてネットの声は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください