尾畠春夫の徒歩帰宅の理由やルートが気になる!現在地や野宿はどこなのかを調査!

https://www.mbs.jp/jounetsu/2018/09_23.shtml

尾畠春夫の徒歩帰宅の理由について

手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」の文字。この日は都内に宿泊し、その後は大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅する。これからの行程は全て野宿とのこと

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/01/19/kiji/20190119s00042000017000c.html

東京から尾畠春夫さん自宅まで約1320キロ。

それを30日かけて帰宅すると決意した心情ははたしてなんだろうか?

自宅まで1320キロを30日で帰ることができるには一日44キロ歩かないと到達できない計算。

googleマップで公演を行った貫井中学校から自宅のある大分までナビ表示してみるとこのような経路となった。

googleマップではフェリーを使いながら徒歩していく計算だった。

167時間かかるという計算。

やろうと思えばやれる時間ですが、悲しいかな・・・時間がないのが現状なのだ。

尾畠春夫さんははたしてどのルートを使うのかが気になりますが・・・フェリーを使ったとしても応援していきます。

徒歩帰宅決意の理由

尾畠春夫さんの新たな目標が旅ということだそうだ!

手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」

世界の子どもたちの幸福を願って徒歩帰宅を決めたという壮大な夢をもっていたんですね!

素晴らしい夢だな!

 

尾畠春夫のプロフィール

プロフィール
 
名前 尾畠春夫
生年月日 1939年 
年齢 79歳 
出身地 大分県 

私の父とあまり変わらない年齢にびっくり。

それよりも体力にあることにももっとビックリ!

尾畠春夫の徒歩帰宅の現在地や野宿はどこ?

どのルートを通って帰宅するか?位置を追っていきたい。

テレビ局のスタッフもついているそうですが、仕事とはいえ大変な役割ですね!

現在

2019/1/22

厚木の246号の妻田を通っているという情報です。

 

 

尾畠春夫の徒歩帰宅のネットの声は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください