話題のニュースやアスリート達の気になる情報をわかりやすくまとめ!

ざわざわ・・・

速報

ハリナダ(日産専務執行役員)が不正実行役で司法取引したって本当?顔画像や学歴・経歴をチェック!

投稿日:

http://photohito.com/photo/472825/

日産のカルロスゴーン会長の不正を「グレッグ・ケリーの指揮の下で実行をしていた」外国人の専務執行役員(54)ら側近幹部2人が一連の不正行為の実行役となっていたことが取り上げられています。

その外国人の専務執行役員(54)を調べると「ハリナダさんなのでは?」気づかれた方が多数いるそうです。

ハリナダさんについて何者なの?

なぜハリナダさんなの?

ここはこれらをテーマに「ハリナダ(日産専務執行役員)が不正実行役で司法取引したって本当?顔画像や経歴をチェック!」で書いていきます。

ハリナダと特定した理由は?

司法取引をした方が「ハリナダさんなのでは?」と特定した理由は日経新聞と日産のホームページを見ると明らかでした!

日経新聞ではこのように書いてあります。

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)の指揮の下、外国人の専務執行役員(54)ら側近幹部2人が一連の不正行為の実行役となっていたことが21日、関係者の話で分かった。側近幹部2人は東京地検特捜部と司法取引で合意しており、ゴーン会長らの逮捕につながった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38016880R21C18A1MM0000/?n_cid=NMAIL007

「外国人の専務執行役員(54)ら側近幹部2人が一連の不正行為の実行役となっていた」

この部分(54歳の外国人専務執行役員)を「日産の役員のページ」でチェックすると二人しかいません。

https://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/PROFILE/EXECUTIVE/details.html

専務執行役員:ハリ ナダ(54歳)
専務執行役員:アルフォンソ アルバイサ(54歳)

そのうち、日経新聞でログインして詳しく読んでいくと「英国日産や本社の法務部門に長年在籍」と書いてあります。

「日産の役員のページ」では法務担当をしているのが「法務室のハリナダさん」しかいません。

それらの一連で特定できました。

しかし・・・「日産の役員のページ」のは2018年11月に更新されていたページですので確定ではないです。

ゴーン会長が不正をしたのが2010年以降なので「当時の法務担当がハリナダさんではない可能性もある」のかもしれないので・・・

確証ではないのですが、可能性は高いということでハリナダさんについて詳しく書いていきます。

ハリナダの顔画像やプロフィール

プロフィール

名前 ハリナダ()
生年月日 1964年 7月 日
年齢 54歳
出身地 インド

ハリナダさんの顔画像を見つけた時は「もしや・・・」と思ったものです。

なんとなくですが、「パール判事さんに似ている!」

雰囲気からにしてパール判事さんの親戚か遠い親戚のどちらかな?

「日産版パール判事?」と似ている部分だけ「同感を得ている方」がいましたが・・・

それはパール判事さんに「失礼」なんですよね!

なぜなら「パール判事さんは不正を実行」していないから!

ハリナダさんはサラリーマンの宿命なのかもしれませんが、上司の命令に逆らえず、不正の実行に移したのでしょう!

ハリナダさんをもっと詳しく書いていきます!

ハリナダの学歴や経歴をチェック!

ハリナダさんの学歴や経歴を貼っておきます。

学歴

1982-86年 ロンドン大学東洋アフリカ研究学院 法学士取得
1986-87年 イギリス 法曹院 (グレイ法曹院)法廷弁護士
1988-90年 中央大学 (文部省奨学生)
1994-95年 イギリス弁護士会11(Chambers of Lord Irvine of Lairg QC) 法廷弁護士見習

経歴

1990年 日産自動車株式会社入社
1995年 英国日産自動車製造会社 法務担当
1996年 英国日産自動車会社 法務担当 マネージャー
2008年 日産自動車株式会社 法務室 主管
2012年 7月 日産インターナショナル社 法務担当 VP
2014年 4月 日産自動車株式会社 常務執行役員
CEOオフィス、アライアンスCEOオフィス、CFTコーディネーション、
法務室、組織開発部、秘書室、V-up推進・プロセス改革チーム、
HQファシリティマネージメント部、グローバル インターナル オーディット 担当
2015年 4月 同社 専務執行役員
CEOオフィス、アライアンスCEOオフィス、CFTコーディネーション、
法務室、組織開発部、秘書室、V-up推進・プロセス改革チーム、
HQファシリティマネージメント部、グローバル インターナル オーディット 担当
2016年 4月 同社 専務執行役員
CEOオフィス、アライアンスCEOオフィス、CFTコーディネーション、法務室、組織開発部、秘書室、V-up推進・ルノー日産コンサルティング、グローバル インターナル オーディットオフィス、グローバルコンプライアンス室 担当
2017年 4月 同社 専務執行役員
会長室、CEOオフィス、アライアンスCEOオフィス、CFTコーディネーション、法務室、組織開発部、グローバル インターナル オーディットオフィス、グローバルコンプライアンス室 担当

前述した「英国日産や本社の法務部門に長年在籍」にこの経歴からも読み取れますね。

可能性がグンッと高まってきました!

大学を卒業し日産に入社してから長年在籍していた部分は「偉いな~」って思います!

司法取引をしたとはいえ多少は罪が軽くなるだけで執行猶予は逃れないのではないでしょうか?

今後の展望は全く読めないのですが・・・ゴーン会長の不正関連はまだまだ追っていきたいです。

最後までありがとうございました!

-速報

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved.