話題のニュースやアスリート達の気になる情報をわかりやすくまとめ!

ざわざわ・・・

速報

ゴーン会長の自宅用の高級住宅はどこ?ベンチャー投資名目で作ったオランダの子会社の社名や目的を調査!

更新日:

https://biz-journal.jp/2018/11/post_25590.html

ゴーン会長が住宅用として高級住宅を海外の各地で買いまくっていたとされていたことがわかりました。

しかも、ベンチャー投資名目で作ったオランダの子会社の資本金約60億円は日産が全額出資。

全額出資についてはずさんとしかいいようがないですが、資金チェックに日産の担当の新日本監査法人はなぜ見落としていたのかな?

オランダの子会社では経費化できるそうですが、世界共通ではないのは大麻の扱いとかに似ているようなものかな?

ここでは『ゴーン会長の自宅用の高級住宅はどこ?ベンチャー投資名目で作ったオランダの子会社の社名は?』を書いていきます。

ゴーン会長の自宅用の高級住宅はどこ?

ゴーン会長が買いまくっているという高級住宅については今の所日経新聞が詳しかったです。

ブラジル・リオデジャネイロの高級マンションとレバノンのベイルートの高級住宅だそうです。

ブラジル・リオデジャネイロの高級マンション

リオではゴーン会長が幼少期まで過ごしていたとのこと。

リオではないけど、ブラジルと言えばF1のスーパースター アイルトン・セナを思い出します。

生きていればどんな実業家になっていたのか?気になるところではございます。

幼少期まで過ごしたゴーン会長はその後、レバノンのベイルートという都市で高校時代まで過ごすことになります。

スポンサーリンク

レバノンのベイルート

レバノンのベイルートはゴーン会長が幼少期から高校時代まで過ごした都市です。

そこのレバノンのベイルートには、日産の主要拠点がなく、ルノーや三菱もないとのこと。

レバノンのベイルートは、

レバノンの首都であり、ベイルート県の県都でもあり、同国最大の都市である。また、地中海に面した同国第一の海港である。

wiki

地中海に面した都市って年中暖かく住みやすいところで一度は訪れてみたいね~


ブラジルで育っていたと思われていたゴーン会長さん。

幼少期から高校時代まで過ごしたとなると両親はどんな実業家なんだろうね?気になる!

レバノンのベイルートの高級住宅やブラジル・リオデジャネイロの高級マンションなどの取引は代表取締役のグレッグ・ケリーさんが主動していたとされています。

日経新聞では他の疑いも書いてあって、日産の別の海外子会社2社が所有するパリやオランダ・アムステルダムの住宅の提供を受けているというそうです。

ゴーン会長とグレッグ・ケリーの一連の流れは世界各地にまだまだありそうですね。

オランダの子会社の社名や目的をチェック!

オランダの子会社の社名は「ルノー日産BV」

そのルノー日産BVという会社は登記上はオランダ・アムステルダムにあり、内規に「BVの経営トップは、ルノーCEOが兼務する」とあるそうです。

つまり、現在は日産、三菱の両会長とルノーCEOを兼務しているゴーン会長が「ルノー日産BV」の経営トップというわけだ。

日産の資本金約60億円を使って全額出資したオランダの子会社である「ルノー日産BV」はグレッグ・ケリーが代表取締役として世界各地の住宅購入を主導していたそうです。

世界各地4カ国は、
レバノンのベイルート
ブラジル・リオデジャネイロ
フランスのパリ
オランダ・アムステルダム
だそうです。

目的はゴーン会長が無償で借りて住むだけではなく経費の流用もありそうですね。


大企業の経理財務が気が付かないってのもおかしいな話になりますね。

となると・・・日産の経理財務の責任者に問題も関わりそうですな。

-速報

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved.