話題

ジェットスーツの開発者リチャードブラウニングの経歴や年収が気になる!

投稿日:

Heartywizard / Pixabay

アイアンマンのような戦闘服が欲しいし、実現できないかな~っておもっていたんです。

私と同じように思っていてしかも実現した方がいたとは・・・

欲しいじゃありませんか!!!

5000万円の金額に欲しいという気持ちはどこかへ行ってしまいましたが・・・

アイアンマンが装着しているスーツのことジェットスーツはリチャード・ブラウニングが開発し、作成したと言うのでリチャード・ブラウニングについて掘り下げていきます。

リチャード・ブラウニングのジェットスーツについて

このスーツは、腰と両腕に2つずつ、全部で6つのガスタービンが装着されています。

最大約800馬力まで出せるというスーツを作ったそうです。

時速約50キロで数百メートルを飛ぶことに成功しているが・・・

本来は、「毎時200マイル(321キロ)の速度に達する」可能性があり、「数千フィート(340メートル)を連続10分間飛ぶことができる」パワーはあるとのこと。

アイアンマンのようなスーツではないのが怖い感じなんですが・・・

飛ぶだけなら強度は必要ないのかな?と思ったんですが、リチャード・ブラウニングは安全上の理由から低く作っているとのことだそうです。

そのスーツの名前は、「ダイダロス

カッコいいネーミングだね~

意味を調べるとDaedalus「聡明な働き手」で、ギリシア神話に登場する有名な大工、工匠、職人、発明家である。名前は「巧みな工人」を意味するとのこと。

斧、錘、水準器、神像などを発明したとされているそうです。

かの有名なイーカロスの父がダイダロスなんですね。

ダイダロスと名付けたジェットスーツが後にイーカロスの末期のようにはならないのか心配はあるけど!!!

「ダイダロス」というスーツの成功で軍事や救助のスーツを作成していくらしいが・・・

軍事用のスーツにはパワー開放されたスーツを作っていきそうな・・・

リチャード・ブラウニングのプロフィール


アイアンマンのシリーズにでも出ていそうなリチャード・ブラウニングさん。

名前 リチャード・ブラウニング(Richard Browning)
生年月日 1979年 1月 22日
年齢 39歳
出身地 イギリス

元海兵隊員のリチャード・ブラウニングは、2017年にGravity Industries Ltdという会社を建設。

2017年に設立した会社なので今はまだまだ赤字経営なのでは?と思うんです。

海外サイトで調べているので年収がいくらあるのかはしばしお待ち下さい。

まとめ

強度を入れようとすると重くなって飛べなくなるかもしれないですね。

強度がありながら軽いスーツを作成することができれば初めてアイアンマンのようなスーツになるかもしれない・・・

先が長そうな気がします!

最後までありがとうございました。

-話題

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.