速報

大口病院の31歳元看護師の女性の顔画像や名前は?犯行動機や特定できた理由が気になる!

投稿日:

Heszter / Pixabay

横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件の犯人が特定されました。

大口病院に看護師として勤務していた31歳の女性だそうです。

その元看護師の女性について

犯行動機や犯行を特定した理由と顔画像や名前などと掘り下げていきます!

大口病院の入院患者2人が中毒死の概要は?

中毒死したのは、横浜市青葉区の無職、西川惣蔵さん(当時88歳)と、同市港北区の無職、八巻信雄さん(同)。2人は4階の同じ病室に入院。西川さんは16年9月18日午後4時50分ごろ、心拍数低下を知らせるアラームが鳴り、同7時ごろに死亡。八巻さんは20日午前4時ごろ心拍数が低下し、同55分ごろ死亡が確認された。

八巻さんの死亡後、県警による司法解剖で体内から界面活性剤の成分が検出され中毒死と判明し、事件が発覚。その後、西川さんの体内からも同じ成分が検出された。界面活性剤は、殺菌消毒液「ヂアミトール」に含まれていた。

4階病棟には事件当時、濃縮度10%の製品が常備されていた。

事情聴取を受けている女は当時、主に4階病棟を担当。9月18日は夜勤のため午後3時ごろ出勤し、西川さんの容体急変時には他のスタッフと処置に当たった。19日は午前に勤務を終え、八巻さんの死亡時には病院にいなかった。

去年の事件が今日まで時間がかかった理由が気になります。

殺菌消毒液「ヂアミトール」は塩化ベンザルコニウムをエタノールで割っていたそうです。

塩化ベンザルコニウムには毒性の強い界面活性剤が含まれており、「逆性石けん」の一種となっている。

塩化ベンザルコニウムは希釈して使えば安全だが、動物実験では、1キログラムの体重に対し525ミリグラム経口投与すると、半数が死ぬという結果も出ているという。

誤って体内に取り入れると最悪の場合は死に至ることもあるとのこと。

こんな恐ろしい毒薬を点滴に入れていたのだから恐ろしいものです。

点滴薬の中に入っていたことから当時は外部の犯行とは考えにくく、内部の犯行が疑われていた。

2chでは特定されていた?

この事件が起きていたときは2chで犯人特定があったらしい。

その介護福祉士は、4階で働いていて事件後、インタビューを受けていたそうです。

「犯人が早く捕まってほしい」

「自分が犯人といわれて悲しい」

とも言っており、一問一答ではこのように語っていたといいます。

◆平成29年9月11日

--事件から1年。犯人が捕まらないなか、関係者としてどんな気持ちか

「発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ」

--犯人に対して思うことは

「早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…」

--事件前後で記憶にあることは

「報道されている通り。ペットボトルに針とか。そういったことがあったときに、病院がすぐに動いていればよかったのにと思う」

--事件前には、病院内でナース服が何者かに切り裂かれたり、看護師の飲料に薬物が混入されたりなど、おかしなことが相次いでいたようだが、看護師間ではどんな話がされていたのか

「立て続けに変なことが起こるので、やはり防犯カメラを付けてほしいと。そしてまず、何かが起きたときにちゃんと警察に入ってもらって、丹念に調べてもらったほうがいいということ。そうじゃないと、『自分たちも仕事をしていて怖いよね』という話が出ていた」

--いまはどんな暮らしを

「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」

--“容疑者”と疑われ続けている

「精神的につらくて、一応、薬を飲んでいるが、良くならない」

◆同9月12日

--事件前の騒動について、看護師の間では誰が怪しいなどの話は出ていたのか

「内部で誰が、というのはなかった。ただ一度、事務長による関係者の事情聴取が行われたあとに、看護部長から、看護師の一人を名指しで犯人とする報告があった」

--名指しされた看護師はどんな人か。そこから話は進展しなかったのか

「話はそこで終わり。その看護師は、ペットボトル事件の被害者で(殺人)事件が始まる直前に退職した。病院が証拠物を隠してしまったため、警察に対応してもらえなかった。その看護師は『だったら病院で犯人を見つけてくれ』と(病院側に)訴えたが、対応してもらえなかった。それで、『このままじゃ、信用できないから』と言って退職された」

--その看護師はいま何を。そのほかに連絡を取っている看護師はいるのか

「誰とも連絡を取ってはいない」

--ペットボトル事件やナース服切り裂きの事件が公になっているが、それ以外で嫌がらせなど記憶にあることは

「医師のカルテから何枚か、記入済みの紙が抜かれたということがあった。それも含めて何も表沙汰にはならなかった」

--病院に対して思うことは

「管理体制、責任体制のずさんさを感じる。一番初めの事件で、警察を呼んでいたらだいぶ違っていたと思う」

--看護部長とはどんな人か

「スタッフに対する好き嫌いが激しい人だった。好きな子は呼び出してしばらくお話をしたりとか。喫煙所に連れて行って話したりとか。おそらく、白衣切り裂きの犯人と(その看護師を)名指しした理由が、当事者のなかで(看護部長が)ランクを付けたときに一番下…、あんまり好きじゃないからだという話があった。好き嫌いで判断するのは問題だ」

--自身は看護部長にどんな「ランク」をつけられていたと考えているか

「好かれてはいないけれど、かといって特別嫌がらせや、嫌なことを言われていたということはない。あくまで仕事上の、通常の関係だった」

--殺害された八巻信雄さんと西川惣蔵(そうぞう)さんは患者のなかでも特別な存在だったのか

「2人とも事件の1週間ほど前に入院したばかりだったので、あまり接点はなかった。特別注意した方がいいよなどと(上司などから)言われることはなかった」

--2人以外にも不審な亡くなり方をした人はいるか

「変な死に方というより、人数が多い。通常より多いと感じていた。けれど、まさかそんなことになっている(事件性がある)とは思わなかったので。急変なのかな、と自分の中では納得していた」

--在職は1年程度だった

「2年前(平成27年)のゴールデンウイークごろに就職した。事件以降、家の周りをマスコミが包囲してしまって、外に出られない感じだったので、お休みをいただいて、(28年)11月に退職した。「全員解雇」の前に辞めたのでその時の状況は分からない」

--事件直後に辞めた人は

「私は事件直後は2回ぐらいしか病院に行けなかったので、誰がいつ辞めたとか、詳しいことは分からない。ただ、退職のあいさつの時に事務長から聞いた話では、私が辞める前に2、3人辞めているということだった」

変わり者だった看護師は潔癖症だったとのこと。

そんな看護師についてはこんな噂もありました。

介護福祉士の野口?

看護師の鈴木恵美子?

その他の詳細は調査中!もう少しお待ち下さい。

-速報

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.