スポーツ 男子ゴルフ

片山晋呉のプロアマ戦の同伴ゲストや言動の内容が気になる!妻の離婚理由や女性歴を調査!

更新日:

片山晋呉さんが5月30日に行われた「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」のプロアマ戦で一緒だった組み合わせの同伴ゲストに不快な言動を与えたという。

プレーを断念したゲストにより問題の明るみが出たそうです。

片山晋呉のプロアマ戦の準則のことをザックリ言うと・・・

・当日一緒に回ったゲストにはこんな言動を言っていた
・当日はこんな理由からだった
・女性歴も離婚歴も同じような内容だった

片山晋呉のプロフィール

名前 片山晋呉(かたやましんご)
生年月日 1973年 1月 31日
出身地 茨城県下館市
身長 168cm

片山晋呉さんは、AON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)に次ぐ人気のあるゴルフプレイヤーとして前線で活躍している最中の選手である。

石川遼さんや池田勇太さんや松山英樹さんも片山晋呉さんがいなければ現れることはなかっただろうと思う!

そんな片山晋呉さんに組み合わせの同伴ゲストに不快な言動を与えたことで処分が下りそうとなっている。

片山晋呉の学歴から衝撃な内容!

片山晋呉さんの卒業していた大学に日本大学が!

片山晋呉さんはなんと・・・アメフット問題でいまだに騒動の収まりがなかなか終わらない日大の卒業生なんですね!

日大の卒業生ということで同伴ゲストからいろいろと言われていた可能性もありそうなんですよね?

言われていたかもしれないけど・・・「俺はアイツラとは関係ない!俺は自分なりに努力をして今の地位を築いた!」と言いそうな気もするが・・・それではプレーを途中で断念したという次第に発展することなさそうですよね!

はたしてどんなことをしたのだろうか?これから述べておきます!

プロアマ戦の同伴ゲストや言動の内容は?

片山晋呉さんの態度がファンからは不評という情報です。

ある人は、子供に対して書いておいたサイン色紙を投げてるところを見て不快感だったともいいます。

片山晋呉さんのプロアマ戦の様子を時系列に説明します。

・13番ホールからの片山晋呉さんと招待客3人のショットガンスタート。
・13番ホールのプレーを終えて、14番ホールのティーショットに行く途中前が詰まっていた。
・14番ホールが詰まっていることを知ると片山晋呉さんは13番ホールのグリーンでパッティングの練習を始める。
・招待客3人の中の男性が14番ホールティーへ来るように促した。
・片山晋呉さんは「前がつまっているじゃないか!」と13番のグリーンでパッティング練習を続ける。
・憤慨した招待客の男性はプレーをやめてクラブハウスへ帰った。
・クラブハウスで「青木会長を呼べ!」とかなり怒っていた!

片山晋呉さんだけではなく他の男子プロでもプロアマ戦でパッティング練習などをする光景は男子ゴルフツアーではよくあることだそうです。

その姿勢はプロとしては立派なことですが・・・招待客をないがしろにするのをいままで言えなかったのでしょう。

女子ゴルフツアーではそういう失礼なことがないよう指示があったからこそ年間のツアー試合数の増加につながったともいわれいています。

これからはファンや招待客を大事にしないといけなくなってきているし、石川遼さんもファン、招待客を大事にしていきたいと人気復活へいろんな対策をしていこうとしていた矢先もあっただけに片山晋呉さんの姿勢は本当に残念だと思う。

片山晋呉さんは「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」のトーナメントに出場するために練習ラウンドを重ねてプロアマ戦を楽しもうとしたことは考えられます。

しかし・・・プロである以上優勝を目指したかったはずです!

しかも、地元の茨城にある宍戸ヒルズカントリークラブで行われることもあり、いつもより燃えていたのでしょうね!

毎回同じようなコースで、しかも地元の宍戸ヒルズカントリークラブならそんなに燃えなくても・・・という方もいるだろうけど、ゴースは同じでも、グリーン上や芝状態は一日一日と毎日の芝の状態やグリーン上のスピードが変わるんです。

だからこそ真剣になっていたところを悪気のない言動で片山晋呉さんが頭に来ていたのかもしれませんよ。

生活がかかっていますから!

とはいえ・・・一緒に回っていたゲストがスポンサーのお偉方とか、関係者だったとしたら多少なりの気遣いも必要だと思います!

片山晋呉さんが今回起きた言動内容を詳しく語っていないため詳細はわかりかねますが・・・片山晋呉さんの今までの行いを考えてみると、職人気質なところもあるため不用意な言葉でスポンサー関係者を怒らせてしまったのかもしれません!

ただでさえ・・・日大問題のこともあって根掘り葉掘り聞かれたのではないかな?ともののふは思います!

ゲストとして回った組み合わせ表を探してみたもん見つからなかったのですが・・・問題を大きくして準則違反があったとされることをしでかしたというのはスポンサー様を怒らせたということになりますね。

なので森ビル関係者で役員の方だったのではないかと思うんですよ!

名前まではわからなかったのですが・・・森ビル勤務者の役員でゴルフのうまい方といえばあの方しかいないように思ってしまいます。

追記:
会長の石川遼さんと片山晋呉さんが謝罪をしたそうですが、片山晋呉自身の会見はないとは・・・日大OBらしいと思ってしまいます。

プロゴルファーとしてのけじめとして会見を開き説明は必要かと思われますが・・・

片山晋呉さんと一緒に廻りたい!教えてもらいたい!と思う方が多いのも事実なのです。

同伴ゲストは森ビルの関係者は何を勘違いしているんだが?プロアマ戦は接待ゴルフでもないのでそこまでする必要もないですが・・・

おもてなしをしようとスローガンを挙げているからこそ失礼な態度や暴言を正して欲しかったのでしょうね。

即座に謝罪をし、片山晋呉さんの処分を検討すると決断した青木功会長も立派なのですが、褒めていた川淵三郎さんも立派だ!

プロのサービスを考える!

プロ野球やサッカーを見ればわかると思うのですが、ファンサービスが大人だけではなく、子供、女子にも行き届いています。

このサービスと同じように!とはいいませんが・・・ゴルフ界のファンサービスは業者が一生懸命にやっていて、プレイヤーである選手はプレーに一生懸命って印象を受けます。

ここを改めない限り、プロゴルフ界の未来は暗いのではないかとおもうんですよ!

片山晋呉の妻の離婚理由がヤバ過ぎる!

片山晋呉さんは、現在永久シードの資格を有しています。

永久シードの資格を有すると、何年も試合を休んでいてもいきなりツアートーナメントに出られるといった優遇な立場にいます。

通常は、何年もツアートーナメントを休むと2部とかチャレンジツアーといった下位の部からはじめておき、ツアートーナメントまでの道のりが険しくなるんですね。

永久シードを有している上、生涯獲得賞金が20億円以上もあるので当分は生活に困らなそうに見えますよね~(実際には経費がかかるらしいけど・・・)

生涯獲得賞金が20億円以上もあって、スポンサー先も困らない片山晋呉さんには、結婚していながらも他の女性と交友があったという・・・芸能の人と変わらない生活を送っています。

これは羨ましいかもしれないが・・・人の結婚生活に他人にはわからないようなこともあったりしますので、その悩みが結構あったとゴルフをしている関係者は聞いています!

離婚の際に支払ったとされる慰謝料が8000万円だそうです。

8000万円といえばツアートーナメントの1年分!しかも、トップ5位内でないとその金額は手に入らないとういう・・・

そんな片山晋呉さんが以前結婚していた女性はみち代さん。

片山晋呉さんの元妻だったみち代さんは片山晋呉さんの浮気をキッカケに裁判を起こして慰謝料5億円と請求しています。

泥沼離婚裁判だったそうですが・・・

まとめ

片山晋呉さんの妹もプロゴルファーのテストに何年か前に受かったことでニュースにもなっていました。

テストに受かったとはいえ、現在は前線で戦っていないそうで苦労をしているみたいです!

プロ生活の中で1番キツイのはゴルフじゃないかと思ってしまうぐらい厳しいものですね~

最後までありがとうございました!

-スポーツ, 男子ゴルフ

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.