注目キーワード

原葵(イノサン musicaleプロデューサー)顔写真画像や経歴と評判が気になる!パリ公演中止の原因や理由がヤバすぎる!

ニュース

2020年2月9日にパリで「イノサン musicale」上演を予定していましたが、「諸般の事情により中止」が決定されました。

原葵さんは「イノサン musicale」のプロデューサーをしていたので事情を色々と知っていそうですね。

しかし、詳細コメントは控えると発表されていますがネット上ではパリ公演中止の原因や理由が出回っています。

これらを含めて原葵について顔写真や経歴、評判を書いていきます。

「イノサン musicale」パリ公演が中止!

中島美嘉(36)と「Lead」古屋敬多(31)のダブル主演舞台「イノサン musicale」のフランス・パリ公演の中止が14日、発表
舞台は坂本眞一氏の漫画が原作で、18世紀フランスに実在した死刑執行人の人生を宮本亜門氏(62)演出で描く話題作だった。公式サイトは中止理由を「諸般の事情」と説明。複数の関係者の話を総合すると、舞台を取り仕切った女性プロデューサーと出演者に軋轢(あつれき)が生じたことが主な原因という。
同作スタッフによると、女性プロデューサーは脚本や演出の方針を一本化することに難航。昨年11月の東京公演前から1人の出演者が「この内容では、パリで公演するのは難しい」と申し出たが、改善される兆しがなかったという。12月10日の千秋楽後、パリ公演に向け稽古に入ったが、同11日に武田航平(34)が降板。代役を立てられず、公演を維持できなくなった。

ニュースでは中島美嘉と古屋敬多のダブル主演に、浅野ゆう子、梶裕貴、武田航平ら豪華なキャスト勢で公演することになっていた。

しかし、2019年12月11日に武田航平が降板すると決定され、パリ公演は予定通りに実施すると発表があったそうです。

「イノサン musicale」パリ公演中止の理由と原因!


パリ公演中止に原葵プロデューサーはこのようにコメントされていました。

武田航平が降板したことが「昨年11月の東京公演前から1人の出演者が「この内容では、パリで公演するのは難しい」と申し出た」と言及した方と思うのが一般的ですが断定はできかねますね。

さらに代役を立てる方も内定していたといいます。

それでも中止と決定したのは、演出の宮本亜門氏と脚本の横内謙介氏と女性プロデューサーの間に軋轢(あつれき)があったのではと思ってしまいますね

原葵の顔写真画像や経歴!

ネット上を検索しています。

それっぽい方を見つけましたが断定できないため掲載はもう少しお待ち下さい。

情報を集めてはっきりとわかったらけいさいしておきます。

原葵の評判


当初は2.5次元を目指さないとした原葵プロデューサーだったが方針が変わってしまったという印象を受けますね。

ネット上ではコロコロと変更が多く、周りが疲弊していいたという情報がありますが、いい舞台を作ろうと思うなら変更はあってもいいと思われます。

しかし、パリ公演を目指そうと思った時点が一年前だったとか、脚本が出来上がったのが公演の3日前だったとか・・・いろいろな情報が出回っています。

これらが真相だったとしたらお客様にいいモノを見せようとしたいという思いに答えられないとなりますね。

もっと舞台練習を積んでから公演していきたいと思ったからこそ「この内容では、パリで公演するのは難しい」の言及でもしたんでしょう。

最新情報をチェックしよう!