注目キーワード

藤村一人(株式会社フジムラ会長)経歴や解体事業内容を調査!千葉県内ゴルフ場の鉄柱を無償撤去する理由が気になる!

  • 9月 27, 2019
  • 話題
  • 3411view
話題

台風15号の影響で千葉県内にあるゴルフ練習場の倒壊鉄柱の撤去を株式会社フジムラが無償で行うと提案があったとのこと。

ゴルフ練習場の倒壊鉄柱の撤去費用が1億円ぐらいかかるというのを無償でやるという「株式会社フジムラ」ってどんな会社なんだろう?

株式会社フジムラ会長が藤村一人という人なんですが、どんな人なんだ?

「株式会社フジムラ」と「藤村一人」、無償撤去の理由について書いていきます。

千葉県内ゴルフ練習場の倒壊鉄柱問題について

強い台風15号が関東地方に上陸した9日未明、首都圏などでは強風による被害が相次いだ。ゴルフ練習場の支柱が倒れて住宅を直撃したり、工事現場の足場が崩れたり。記録的な強風が各地に爪痕を残した。

 千葉県によると、市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」では午前3時ごろ、ネットを支えていた高さ10メートル以上の鉄製の支柱が複数本倒れた。ネットとともに長さ約140メートルにわたって隣接する住宅約10棟の上に覆いかぶさり、支柱が屋根を突き破り2階の居住部分に食い込んだ住宅も。屋内で下敷きになった20代女性が重傷を負った。

2019年9月9日に上陸した台風15号の影響で市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」にある鉄柱が倒れたというニュースが連日に流れましたね。

倒れていただけではなく、「台風で鉄柱が倒壊したのは天災なのだから・・・」という補償問題も話題になっていましたね。

・台風15号の影響でゴルフ練習場の鉄柱が倒壊
・鉄柱の倒壊した先は10棟の住宅があった
・補償問題

市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」の倒壊した鉄柱を株式会社フジムラが無償で撤去する提案を住民に話したそうですね。

台風15号の強風で鉄柱が倒壊し、付近の住宅を損壊したままになっている千葉県市原市のゴルフ練習場のトラブルで、東京・江戸川区の解体業者が「無償で撤去する」と手を上げ、きのう27日(2019年9月)に住民説明会を開いた。

説明会には約50人の住民が参加した。業者側によると、鉄柱をクレーンで釣り上げながら切断して搬出する方法で、工期は約2カ月かかる。費用については、「無償でやります。うちが費用をすべてもって撤去工事を行います」とした。

すでに準備はできており、工事のための住民全員の同意書を29日までに提出してほしいと求めた。「(鉄柱が)傾きつつあるなかで、1日でも早く(作業にとりかかりたい)と考えている」と期日をもうけた意味を説明した

その説明会に練習場オーナーも弁護士も出席していなかったという問題もでていますが・・・

無償撤去を行いたいという「株式会社フジムラ」と「藤村一人」の気概には褒めてあげたいです。

株式会社フジムラ会長の藤村一人とは?経歴を調査!

プロフィール
名前 藤村一人(ふじむら かずと)
生年月日 1967年4月9日
年齢 52歳
出身 東京都江戸川

父親である故・藤村洋輔の会社を引き継いで「株式会社フジムラ」と組織化している。

父親は「人情」を重視し過ぎる人でもあったといわれています。

藤村一人は4人兄弟の長男で、兄弟は下記のようにぞれぞれが役員に就いている。

次男 藤村正人は株式会社フジムラ・M・プランナー 代表取締役社長
三男 藤村直人は株式会社フジムラ代表取締役社長
妹の井澤洋美は同社取締役経理部長
妻の藤村桂子は同社専務取締役

1989年 任期満了により陸上自衛隊退官後、父の藤村洋輔創業の解体業者である有限会社藤村組に入社。
1999年 株式会社フジムラへ改組と同時に同社代表取締役社長に就任。
2009年 法人税法違反により東京国税局より東京地検特捜部へ告発され、翌年、株式会社フジムラ代表取締役社長を退任。
2016年 株式会社フジムラ・株式会社フジムラ企画代表取締役会長に就任。

自衛官を経験されている藤村一人はまさに愛国者ともいえるような男前なのですね!

株式会社フジムラの解体事業内容がヤバすぎる!

株式会社フジムラは解体会社としては世界一という理由!

株式会社フジムラが話題になったのは今回の市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」の倒壊鉄柱を無償撤去だけではありません。

実は、2020年のオリンピック競技場「旧国立競技場」の解体を請け負った会社でもあります!

日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、2020年東京五輪のメーンスタジアムとして建て替える国立競技場(東京都新宿区)の解体工事で、未定だった競技場北側の工事業者がフジムラ(東京都江戸川区)に決まったと発表した。

さらにヤバすぎる理由が旧国立競技場の解体だけではありません。

上皇后さまの生家である旧正田邸の解体を請け負ったということもありました。

当時は解体プロジェクトに受注されたことで、「旧正田邸を守る会」による保存運動がテレビのワイドショーが連日取り上げるということもあって、辞退されました。

そのときの会見に藤村一人はこう語りました

日本に生まれ、日本に育ち、日本を愛し、一日本人として、このような歴史的建造物を取り壊すというのは、非常に残念であり、かつ、複雑な心境でありました。」「機械でいきなり壊すのではなく、柱1つずつ、梁も1つずつ、丁寧にきれいに仕事をさせていただき、記念に残るものは美智子さまにご返上申し上げたいと考えて(解体工事の)入札に参加させていただいた。」「国民の皆様方の感情と私共の感情が重なり合うことに気付き辞退届を提出した。」と語っている

藤村一人という人は金儲けのみならず、人のために尽くすことを知っている人なのでしょう。

千葉県市原市ゴルフ練習場の倒壊鉄柱を無償撤去する理由

前述から金儲けとかなにかがあるというのではなく、ただ・・・

「困っている人を助けたい」

という気持ちから動いたというのです。

その気持ちにこんな声があがっています。

こんな声もあるけど・・・


住民の同意を得ることができたらやっちゃってほしいですね!

最新情報をチェックしよう!