注目キーワード

早川憲幸の師弟ジュリアルベアルが気になる!戦績や経歴とミキハウスを調査!

  • 8月 22, 2019
  • 柔道
  • 688view
柔道

ジュリアルベアルの経歴プロフィール

プロフィール
名前 ジュリアルベアル(Yuri Alvear Orejuela)
   ジュリ・アルベアール・オレフエラ
   ユリ・アルベアル
生年月日 1986年3月29日
年齢 33歳
出身 コロンビア ハムンディ

ジュリアルベアルのコロンビアでは、バレーボールや陸上競技を取り組んでいたが3ヶ月後はやめざる得ないことになっていました。

理由を探ると3ヶ月後に月謝を払わなければならないが、その月謝が払えないという理由だそうです。

ジュリアルベアルがスポーツをやるのは「お金のため」ともいったそうです。

そこら辺は海外ならではの事情もあって複雑な気持ちになります。

14歳の時に柔道の指導者に素質を見込まれてからやり続けているとのこと。

柔道でバックアップを得たとも言えますね!

そんな彼女は練習時間は厳守しており、休まずに通い続けているという熱心な選手だという方もいました。

練習の時間には遅れないようにし、休まないという基本中の基本を守れない方が他の選手には多かったそうです。

この素行に怒ってしまった日本の柔道コーチは「時間になったら道場の鍵を閉め、入場を禁じた」ことがあったんですが、練習生が少なすぎて諦めたという海外ならではの事情もありました。

ジュリアルベアルの得意な技!

ジュリアルベアルが得意とする技は双手刈、朽木倒、肩車の3つ。

双手刈

朽木倒

肩車

技の動画を見る限りではどれもパワーがいる技となっているかな?

柔道の技に詳しい方教えて下さいね!

ただし、どの技でもいきなり足を持つことは「国際大会では一発で反則負け」とルールの変更があったそうです。

足を持たずに、帯より上を掴む技ならセーフというのが今のルールになっています!

ジュリアルベアルの戦績を調査!

2007年 – パンナム選手権 優勝
2007年 – パンアメリカン競技大会 3位
2008年 – パンナム選手権 3位
2008年 – 北京オリンピック 7位
2008年 – 嘉納杯 5位
2009年 – パンナム選手権 優勝
2009年 – 南米選手権 優勝
2009年 – グランドスラム・リオデジャネイロ 3位
2009年 – 世界選手権 優勝
2010年 – 南米競技大会 優勝
2011年 – ワールドカップ・オーバーヴァルト 3位
2011年 – グランプリ・デュッセルドルフ 3位
2011年 – 南米選手権 優勝
2011年 – パンナム選手権 3位
2011年 – グランドスラム・リオデジャネイロ 2位
2011年 – ワールドカップ・サンパウロ 優勝
2011年 – ワールドカップ・マイアミ 優勝
2011年 – ワールドカップ・マルガリータ島 優勝
2011年 – パンアメリカン競技大会 2位
2011年 – グランプリ・アムステルダム 3位
2012年 – ワールドカップ・ブダペスト 3位
2012年 – グランプリ・デュッセルドルフ 5位
2012年 – ワールドカップ・ワルシャワ 3位
2012年 – パンナム選手権 3位
2012年 – ロンドンオリンピック 3位
2013年 – パンナムオープン・モンテビデオ 優勝
2013年 – パンナムオープン・ブエノスアイレス 2位
2013年 – パンナム選手権 3位
2013年 – グランプリ・マイアミ 5位
2013年 – 世界選手権 優勝
2013年 – ボリバリアンゲームズ 優勝
2013年 – グランドスラム・東京 3位
2014年 – 南米競技大会 優勝
2014年 – パンナム選手権 優勝
2014年 – 世界選手権 優勝
2015年 – グランプリ・サムスン 2位
2015年 – パンナム選手権 2位
2015年 – ワールドマスターズ 2位
2015年 – パンアメリカン競技大会 3位
2015年 – 世界選手権 3位
2016年 – グランプリ・デュッセルドルフ 3位
2016年 – パンナムオープン・リマ 優勝
2016年 – パンナム選手権 優勝
2016年 - ワールドマスターズ 3位
2016年 – リオデジャネイロオリンピック 2位
2017年 - グランドスラム・バクー 優勝
2017年 – パンナム選手権 優勝
2017年 - アジアオープン・台北 優勝
2017年 - 世界選手権 3位
2018年 - パンナム選手権 優勝
2018年 - 世界選手権 3位
2018年 - ワールドマスターズ 2位
2019年 – パンアメリカン競技大会 2位

パンナム選手権はパンアメリカン柔道選手権大会のことでアメリカ大陸を中心に行わられる大会。

その大会ではほぼ3位以上入るほど安定的に実力をだしていますね!

世界選手権での優勝はまぐれではないということが証明されています!

ジュリアルベアルとミキハウスというスポンサー

ジュリアルベアルの現在の所属はミキハウススポーツ。

つまり「ミキハウス」がスポンサーですね

ジュリアルベアルを指導している早川憲幸コーチがミキハウス所属の山部佳苗のコーチとはよしみのつながりで契約に至ったそうです。

日本人だけに限らず世界の選手をバックアップする企業だというのは知っていましたが・・・

ジュリアルベアルがリオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得された時は、6千万コロンビアペソ(約210万円)の報奨金と同額を早川憲幸コーチにも送ったとも!

理由が「柔道がもっともっと世界に広まってほしいから!」ということだって!

技だけではなく精神、日本の心も広まって欲しいとのことでしょうね!

最後までありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!