注目キーワード
  1. 文春
  2. ナックルズ
  3. 炎上

第101回全国高校野球選手権(夏の甲子園)の出場校や選手宣誓は誰?ドラフトや注目の選手を調査!

高校野球

2019年8月6日に開幕する「第101回全国高校野球選手権」の出場校が2019年7月30日に全校の49校が決まった。

今春センバツで準優勝をした習志野やベスト4の明石商など春夏連続出場は11校と初出場の飯山、誉、富島の3校。

今秋のドラフト2019の注目選手やニューヒーロー、ダークホース選手も続々と甲子園に集中くる時期となりました。

今年のドラマはどんなドラマになるんだろうか?優勝校もどこが優勝するのだろうか?

そんな期待とデータをみるのが楽しみでたまらないんですが、、、全出場校の一覧。

選手宣誓をする選手やドラフト注目選手を書いていきます。

第101回全国高校野球選手権の出場校一覧

【北海道地区】

北北海道 旭川大(2年連続9回目) 私立
南北海道 北照(2年連続5回目) 私立

【東北地区】

青森 八戸学院光星(2年連続10回目)
岩手 花巻東(2年連続10回目) 私立
秋田 秋田中央(45年ぶり5回目) 県立
山形 鶴岡東(3年ぶり6回目) 私立
宮城 仙台育英(3年連続28回目) 私立
福島 聖光学院(13年連続16回目) 私立

【関東地区】

茨城 霞ケ浦(4年ぶり2回目) 私立
栃木 作新学院(9年連続15回目) 私立
群馬 前橋育英(4年連続5回目) 私立
埼玉 花咲徳栄(5年連続7回目) 私立
千葉 習志野(8年ぶり9回目) 市立
東東京 関東一(3年ぶり8回目) 私立
西東京 国学院久我山(28年ぶり3回目) 私立
神奈川 東海大相模(4年ぶり11回目) 私立
山梨 山梨学院(4年連続9回目) 私立  

【北信越地区】

新潟 日本文理(2年ぶり10回目) 私立
長野 飯山(初出場) 県立
富山 高岡商(3年連続20回目) 県立
石川 星稜(2連続20回目) 私立
福井 敦賀気比(2年連続9回目) 私立

【東海地区】

静岡 静岡(4年ぶり25回目) 県立
愛知 誉(初出場) 私立
岐阜 中京学院大中京(3年ぶり7回目) 私立
三重 津田学園(2年ぶり2回目) 私立

【近畿地区】

滋賀 近江(2年連続14回目) 私立
京都 立命館宇治(37年ぶり3回目) 私立
大阪 履正社(3年ぶり4回目) 私立
兵庫 明石商(2年連続2回目) 県立
奈良 智弁学園(3年ぶり19回目) 私立
和歌山 智弁和歌山(3年連続24回目) 私立

【中国地区】

岡山 岡山学芸館(4年ぶり2回目) 私立
広島 広島商(15年ぶり23回目) 県立
鳥取 米子東(28年ぶり14回目) 県立
島根 石見智翠館(4年ぶり10回目) 私立
山口 宇部鴻城(7年ぶり2回目) 私立

【四国地区】

香川 高松商(23年ぶり20回目) 県立
徳島 鳴門(2年連続13回目) 県立
愛媛 宇和島東(9年ぶり9回目) 県立
高知 明徳義塾(2年ぶり20回目) 私立

【九州・沖縄地区】

福岡 筑陽学園(16年ぶり2回目) 私立
佐賀 佐賀北(5年ぶり5回目) 県立
長崎 海星(5年ぶり18回目) 私立
大分 藤蔭(2年連続3回目) 私立
熊本 熊本工(6年ぶり21回目) 私立
宮崎 富島(初出場) 県立
鹿児島 神村学園(2年ぶり5回目) 私立
沖縄 沖縄尚学(5年ぶり8回目) 私立

第101回全国高校野球選手権の選手宣誓

8月3日の組み合わせ抽選後掲載します。

去年の第100回全国高校野球選手権の選手宣誓は近江 中尾雄斗主将が宣誓しました。

(全文)

「私たちは今、100回という長く、重みのある歴史の上に立っています。数多くの災害に見舞われ、人々にとって笑顔だけでは乗り越えることのできない悲しみがありました。しかし甲子園は勇気、希望を与え、日本を平和にしてきた証です。ここ甲子園の舞台でプレーされた偉大な先輩方を誇りに思い、私たちは今100回目の甲子園を迎えようとしています。私たち、選手一同は、第100回という記念すべき年に野球ができることを感謝し、人々に笑顔と感動を与えられる、最も熱い、本気の夏にすることを誓います」と力強く宣言した。

第101回全国高校野球選手権でドラフトや注目の選手

八戸学院光星 武岡龍世
八戸学院光星 近藤遼一
八戸学院光星 島袋翔斗
星稜 奥川恭伸
星稜 山瀬慎之助
星稜 寺沢孝多
星稜 内山壮真
星稜 荻原吟哉
星稜 寺西成騎
星稜 山本伊織
星稜 有松和輝 
山梨学院 野村健太
習志野 飯塚脩人
津田学園 前佑囲斗
智弁和歌山 黒川史陽
智弁和歌山 東妻純平
智弁和歌山 細川凌平
明石商業 中森俊介
明石商業 来田涼斗
明石商業 宮口大輝
履正社 野口海音
履正社 井上広大
履正社 清水大成
履正社 小深田大地
履正社 田淵一樹
履正社 関本勇輔
高松商業 香川卓摩
高松商業 中塚公晴
高松商業 立岩知樹
筑陽学園 福岡大真
筑陽学園 西舘昂汰

第101回全国高校野球選手権の大会行進曲や大会歌のタイトル

大会歌

大会歌は精華女子(福岡市)のダンス部と吹奏楽部計約150人が共演となっていてタイトルが「栄冠は君に輝く」と決定している。

テレビCMバージョンもあるので楽しんでいただけた。

応援ソング

応援ソングはOfficial髭男dismが歌うことになっていてタイトルは「宿命」と決定している。

地元の大阪府と兵庫県の隔年交代で担当している、「大会行進曲」や「君が代」、大会歌「栄冠は君に輝く」の演奏は、100回を記念し「オール関西」の特別編成で行われた。

最新情報をチェックしよう!