注目キーワード

異常震域(三重県)の原因や南海トラフ大地震の前触れなの?予兆や津波とメカニズムを調査!

  • 7月 28, 2019
  • 7月 28, 2019
  • 地震
  • 173view
地震

2019年7月28日(日)3時31分頃に震源地の三重県南東沖で「異常震域」の影響で宮城県が最大震度4を観測する地震が起きました。

震源地の三重県南東沖では震源の深さが約420キロメートル、地震の規模(マグニチュード)は6.5と推定される規模がでています。

この震源が極めて深かったことで「異常震域」と呼ばれる大きな揺れが各地に伝わりました。

「異常震域」とは一体何?

「異常震域」が起こる原因は?

「異常震域」で南海トラフ大地震と関連は?

「異常震域」の予兆や津波

「異常震域」のメカニズム

を書いていきます。

「異常震域」とは?

「深発地震」と「異常震域」の呼び方がありますがその違いは何なのか?説明します。

「異常震域」

通常ならば震源地(震央)で最も大きくなり、中心から同心円状に広がりながら小さくなるはずの地震で観測される震度(あるいは加速度)が、通常とは異なる傾向を示す現象、また、そうした震度分布がみられた地域のことである。

「深発地震」

地下深いところで発生する地震のことである。 深発地震は原則として、深く潜り込むリソスフェア(スラブ)内部の性質変化に起因するスラブ内地震である。

通常深いところで起きる地震は「深発地震」の発生となりますが、中心から円状に広がりながら小さくなるはず地震が遠く離れていたところでも通常とは異なる傾向を示す現状が「異常震域」。

江戸時代 宝永地震
江戸時代 安政南海地震
1946年 昭和南海地震
1995年 兵庫県南部地震
2007年 千島列島沖地震
2011年 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
2013年 オホーツク海深発地震
2015年 小笠原諸島西方沖地震

上記で上げた大きな地震は深発地震から「異常震域」に発生した地震となっています。

「異常震域」のメカニズムや原因

異常震域が現れる原因は、周辺地域の地盤の状態が異なったり、プレート境界やマントルまたぐ経路上の構造の違いが原因とわかっています。

大きな「異常震域」が発生した地域の特徴としては、地盤が弱いことで観測されるケースがほとんどとされています。

今回の地震は三重県の震源のプレートはこのようになっていました


地震波が減退しにくい海洋プレートが伝わり伝わって宮城県に震度4となったんです。

この震源が南海トラフのプレート周辺なのは「いよいよなのか?」と感じさせられます。

「異常震域」による津波は?

今回の三重県沖に発生した地震は津波の心配はないと発表。

過去では東日本大震災が大きな津波となって多数の犠牲者を出しました

地震が発生した場合は冷静に情報収集をしておきたいところです!

「異常震域」は南海トラフ大地震の前触れ?

今回起きた「異常震域」に南海トラフ大地震の前触れなのか?と心配する声が多かったです。

冷静に説明する理由

南海トラフ地震の想定が深さ10キロとされているからなのか?

今回の深さは420キロなので別と語っているのですが果たして想定外はないでしょうか?

環太平洋対角線の法則

トカナが提唱している「環太平洋対角線の法則」

環太平洋対角線の法則とはなにか?わかりやすい図がありましたのでお借りしました。(困るよってあれば削除対応しますので連絡をお願いいたします)

2019年5月26日に発生したペルーM8.0地震。

ペルーのM8.0地震から半年以内に大きな地震が「環太平洋対角線の法則」で起きると予兆されていました。

2ヶ月後に発生した三重県沖の「異常震域」

これを関連しないと言えるのかは大きな疑問となっているユーザーは多いでしょう!

環太平洋対角線の法則では半年以内なのであと4ヶ月は注意をしていきたい!

最新情報をチェックしよう!