注目キーワード

野原善正の経歴と仕事や出身大学は?創価学会員かられいわ党へ出馬の理由を調査!

政治

公明党の支持母体・創価学会に入っている沖縄県の野原善正

2019年沖縄参院選で山本太郎・参院議員が代表を務める政治団体「れいわ新選組」の候補として出馬。

創価学会員かられいわ党へ出馬の理由や経歴と仕事や出身大学について書いていきます。

野原善正

・ プロフィール ・

名前 野原善正(のはら よしまさ)
生年月日  1960年01月16日
年齢 59歳
出身地 浦添市出身

Twitter https://twitter.com/victory30563805
https://mobile.twitter.com/victory51565059
Instagram 調査中
facebook 調査中

沖縄2019 参院選立候補一覧

安里 繁信 磯山 秀夫 玉利 朝輝 高良 鉄美

野原善正の会社や経歴

創価学会には24歳で加入し、以後35年程所属しています。
学会での所属は、40歳以上の男性が所属する「壮年部」で、沖縄創価学会壮年部に所属されているそうです。

現時点での仕事が運転代行ということのみが分かっており具体的な職歴は謎に包まれています。

野原善正の高校や大学などの学歴

琉球大大学院修士課程修了

琉球大学の偏差値は、40から65でした。
どの学部かわかりませんが、大学院を卒業しているので優秀なのでしょう。
塾の講師も経験していたようです。

野原善正の家族、両親

結婚の情報がないため、独身のようです。
ご両親の情報が分かりましたら追記します。

創価学会員かられいわ党へ出馬の理由

野原善正の評判は、学会員たちからは熱心な公明支持者として知られているとのこと。

そんな熱心な公明支持者の野原善正がなぜ?公明党ではなくれいわ党から出馬したのか?

大きな問題としては、「辺野古のアメリカ軍基地建設をめぐる」問題。

野原善正の出身である沖縄には、「辺野古のアメリカ軍基地建設をめぐる」問題で激しい反対運動が起きており、解決が見えていない。

現政府は強行しており、公明党もそれに支持していることが野原善正には気に入らなくなっているという。

野原さんの演説全文
この度、東京選挙区から立候補することになりました野原しんのすけ、じゃなくて、よしまさと申します。よろしくお願いします。

今回立候補する際にですね、主張したい大きなこと、2点あります。

まず、辺野古新基地建設の問題です。日米安保条約のプラス面を肯定する方々は、そのマイナス面を一手に引き受けている沖縄の現状を真剣に考える時が来ている。

全国の皆様が自分のこととして、自分の痛みとして、応分な負担を真剣に考えていただきたい。

2点目が、創価(学会)の変革です。今の公明党の政治姿勢、本当にこれでいいのかと思います。

立党以来、平和・福祉を掲げてきた公明が、今や自民党と一緒になって暴走しております。

本当に危ないことです。絶対に止めないといけません。それは相も変わらず支援をしている創価学会の社会的な立ち位置、本当にこれでいいのかと。

宗教者として社会とどう関わっていくのか、根本的な問題です。

こういう関わり方は本当に許されるんだろうか。そういう思いでいっぱいです。

繰り返しになりますが、辺野古新基地建設ストップ、阻止、それと創価の変革を掲げて、皆様と一緒に真剣に頑張ってまいりますので、ご声援よろしくお願いします。

創価(学会)の変革を考えている毅然とした態度をもった男です!

沖縄2019 参院選立候補一覧

安里 繁信 磯山 秀夫 玉利 朝輝 高良 鉄美

ネットの声


今の創価学会に対して疑問を持ち、創価学会を以前は支持していた野原氏が反論している姿を、国民は勇気ある、これが正々堂々だと讃えています。

ブログ主の意見

野原氏、すごい勇気ですね。
もともと、創価学会ではなく、途中から支持されたとのことで、本当に創価学会の考えに共感されて、入信したのでしょう。
だからこそ、今の創価学会が許せなかったのですね。
それで反論するなんて、またすごいです。

創価学会からは、非難ごうごうで、村八分状態とご本人も言ってますね。
大丈夫でしょうか。

でも、私はすごいと思います。
ツイッター上でも反響がありましたが、正しいことをするためなら、所属している政党にも反論するという姿勢はなかなかできませんよね。

野原さんは権力などに惑わされず、自分の信念で行動できる本当に強い方なんだと思いました。

個人的な意見ですが、政党を背負って選挙をするよりも、個人に投票する選挙に変えた方が良いと思います。

政党でまとめると、政党の勝利のために活動している感が否めないです。
政治は国民の生活を豊かにするためにあるもので、政党間の勝ち負けを決めるゲームではありません。

野原さんのように、政党に反発して自らの考えを優先し立候補する政治家の方が、信頼出来るような気がします。

そして、面白いですよね。
国民の意見が直接反映されますし、立候補者も人間性磨かなければ落選しますから。
わかりやすいです。

どうせ選挙なんて行っても何も変わらないと思っている人はたくさんいるはずなので、民意が直接反映される、公平でわかりやすい選挙になればいいななんて思います。

最新情報をチェックしよう!