この記事の所要時間: 6

大西祐貴20160123083858

大西祐貴さんのミシュラン1つ星「蔦」ラーメン店が、

情熱大陸で取り上げられます。



大西祐貴さんについて、プロフィールや

経歴、年収についてや

大西祐貴さんの父について、

注目しようと思います。



大西祐貴さんのラーメン店へまだ

行ったことないんです。



食べに行く前に情報収集も兼ねて、

より深く大西祐貴さんのお店を

知ろうと思います^^

大西祐貴のwikiプロフィール

大西祐貴20160123083803

名前 大西祐貴(おおにし ゆうき)

生年月日 1979年生まれ

出身 神奈川

血液型 A型

経歴 2012年1月26日 Japanese Soba Noodles 蔦を設立

   2014年6月26日 蔦の葉を設立 2015年12月27日に閉店

   2015年1月27日 味噌の陣を設立 2015年12月27日に閉店

大西祐貴の経歴

七重の味の店 めじろ20160123083535

高校を卒業後、父のラーメン店

ラーメンの修業を開始。



しかし、2001年に新聞の営業に転職。

独立のために資金を貯金?

そのときから、独立に向けての資金を

貯めていたんでしょうか?



新聞社の営業職について調べたら、

年収が400万円前後だそうです。



半分は貯金にまわす計算だと、

年に200万円2年で400万円ほど

貯金が出来たわけだ。



もっと切り詰めていれば、600万円は

貯めていたかもしれません。



そうして、2003年には、

アパレル業界に転職する。



アパレルでは、業種によって違いますが、

平均では、480万円でした。



営業職をして、接待術を磨きたかった

のかもしれませんね^^;



それも、年に200万円、5年で1000万円。

新聞の営業職と合わせると1400万円ほど

貯まった計算になります。

資金は貯まった!本格修業へ?

2008年に再び、父のラーメン店へ

修業を再開する。



ラーメンの技術を父から習って、磨いて、

2012年1月26に巣鴨で独立し、

「Japanese Soba Noodles 蔦」をオープンする。




ラーメンをの旨さはこの動画の話を聞いたほうが早いかも^^;

巣鴨の店舗賃貸料はいくら?

巣鴨20160123083033

巣鴨の賃貸料では、坪単位で、平均9000円ぐらい。



Japanese Soba Noodles 蔦は11坪ぐらいの

店舗なので、年に約10万円で借りられます。



ラーメンの激戦区池袋や、新宿になると、

坪数1万円を超えることもしばしば・・・



そうなると、年に12万円の賃貸料がかかる

計算になる。



そのあたりを考えて巣鴨にしたのかな?

巣鴨のお客さん形態は?

新聞やアパレルの営業職で、お客さんの

形態や動向を調べていたんでしょうか?



巣鴨でいえば、

おばあちゃんやおじいちゃんの街

あることも知られていますので、

近年、こってりのとんこつや、

白湯スープといったこってり系

のラーメンではなく、「蔦」は

あっさりの醤油そばで出している。



そこから大西祐貴さんの快進撃

が始まった感じがする。



準備期間が、高校卒業の時から

独立に向けて計画的に進んでいった

感じなので、そのキッカケを

情熱大陸で話してくれるでしょうか?

大西祐貴の受賞ラッシュ?

こちらの写真は別の店の新人金賞のものです
ラーメンウォーカーグランプリ全国新人金賞20160123082859

2013年にラーメンウォーカーグランプリで、

全国新人金賞を獲得。



2014年6月26日に二号店の「蔦の葉」をオープンして、

同年にラーメンウォーカーグランプリで

全国総合部門賞を金賞。



2015年1月27日に「味噌の陣」をオープンして、

同年にラーメンウォーカーグランプリで

全国総合部門賞を金賞。



ただの人じゃなかった大西祐貴さんは、

なみなみならぬ努力をしていたり、

着々と準備をしていたとおもわれますね。

大西祐貴の年収

大西祐貴20160123082744

大西祐貴さんの年収を調べてみましょう!



全国で超有名店だし、金賞を連覇している

ラーメン店を2店舗経営。



一杯のラーメンの価格が平均900円だとする。



1店舗に9席と8席の構えとなっています。



一人に30分ぐらいの滞在で

稼働率が100%の時は、一時間に34人になる。



そうすると1日に170人ぐらい食べに

来ていることがわかる。



そうすると一日15万3千円



月(25日稼働)に、382万5000円



年に4590万円の売上があることになります。



そこから経費と備え金で引くと、

年収1500万円では

ないでしょうか?


大西祐貴の父

大西良明20160123082623

大西祐貴さんが父の大西良明さんの

ラーメン店で修業していたことを

お話していましたが、

父のラーメン店も名店でした。



七重の味の店 めじろ20160123082501

「七重の味の店 めじろ」

藤沢市で営業していました。



ラーメンの鬼とも呼ばれていた

佐野実の「支那そばや」と並行して、

湘南名物のラーメントップ2として

「七重の味の店 めじろ」

は注目されていました。



そこから代々木へ移転して、

後に、藤沢市にも復活営業を

していましたが、現在は、2店舗も

閉店しています。



麺や こじろ2013-08-13_02

現在は、営業されておらず、

後を継いだ弟子の大井幸一郎さんが、

「麺や こじろ」

営業を再開していることが

わかりました。


大西祐貴さんの長男も、

本鵠沼の「麺やBar 渦」

営業していることがわかりました。



大井幸一郎さん一家は、

着々と味を受け続いて次男の大西祐貴さんと

長男の大西芳実さんでした。



ミシュラン1つ星は、いろんな人に

関わっていることがわかるような気がしました。