須永珠代の出身大学や結婚してる旦那が気になる!経歴や年収もチェック!

1000億円効果!「ふるさと納税ブーム」の女王、須永珠代さん。
学歴や家族について調べてみました。

須永珠代を調べてください。

須永珠代のプロフィール

名前 須永珠代(すながたまよ)
生年月日 1973年 月 日
出身地 群馬県伊勢崎市
身長 cm
体重 kg
血液型 型

Sponsored Links

須永珠代の学歴

須永珠代さんは群馬県伊勢崎市の出身です。

出身の小学校などの情報は残念ながらわかりませんでした。

大学卒業後、地元に戻って就職したという話があったので大学は群馬から離れたところに通っていた可能性があります。
上京していたのかもしれませんね~

20代、30代と専門学校へ通ったり、学ぶことをずっと続けてきたようなので、知識を得ることにとても意欲的な女性だと言えます。

ずっと勉強できるなんて…尊敬しちゃいます!

Sponsored Links

須永珠代の結婚してる旦那や子供について

須永珠代さんの旦那さんや子供についての情報は見当たりませんでした。
それ以前に、結婚したという話もなく…もしかしたら独身なんじゃないでしょうか?

起業するため、目標に向かって走り続けてきたから結婚は考えてなかったかもしれませんね。

重責を背負っている社長業ですからね…
もしかしたら、これから先ちょっと寄りかかりたくなる相手が必要になるかもしれません。

ふっと肩の力を抜きたくなるとき、人のぬくもりが恋しくなりますからね~

須永珠代の経歴について

須永珠代さんの経歴は、スムーズなものではありませんでした。

大学を卒業後、地元で塾の講師をしたり、車のディーラーに就職したり、アパレル店員をしたり…
結婚相談所のアドバイザーなんかもしたそうなのですがどれも続かなかったようでした。
その後、上京。
生活するために、派遣やアルバイトなどをしながら生活をしていましたが30歳になって「30代のうちに起業する」ことを目標としました。
30歳の誕生日に身近な人に宣言したそうですよ~
比べ物になりませんが、ダイエットも宣言したほうが成功しやすいですからね。

その後IT関連企業へと就職し、その企業の社長からいろいろ学んだといいます。
見習うこと、変えた方がいいこと、独自の推察力で分析したようです。
この経験から考え抜くことの大切さに気づき、仕事上や起業した後もとても役に立ったようです。

その企業も退職し、リーマンショックの影響で無職の状態が1年ほど続いた時も起業したいという目標は決してあきらめることはありませんでした。

2012年、「トラストバンク」設立。

当時38歳になっていた須永珠代さん、ようやく目標をかなえることが出来たんですね~

「トラストバンク」の事業内容ですが

「ふるさとチョイス」というインターネットメディアを立ち上げたことにより、ふるさと納税の市場は、今では1600億円を超える市場へと成長しました。成長する過程ではインターネットの力を活用するだけでなく、実際に地域に足を運び、セミナーやコンサルティングを行いました。
※トラストバンクHPより抜粋

と記載されていました。

現在「高額返礼品」に関して問題になっていますが、地方再生の力となるふるさと納税の普及を求める声はまだまだ増えていきそうですよね~

賛成派、否定派どちらも納得できる解決策を期待しています。

年収については今後テレビで公開があるのかもしれませんので
そのときになればアップしていきたいと思います。

「トラストバンク」は1000億円動かすことができる事業なので
一流企業の社長たちのように5000万円以上もらっているんではないかなと
もののふの意見でした!

まとめ

『人に喜ばれる仕事をして世の中に貢献している自分。どうせなら社会を変えるようなインパクトのあることがしたい』

という、信念を忘れなかったことが今の彼女に繋がっているのかもしれません。

これからの須永珠代さんにも注目していきたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。