豊田真由子の元秘書の名前や娘を調査!モンスターや最凶伝説で辞職ってマジ?!

「安倍チルドレン」自民党議員の豊田真由子さん。
元秘書による告発で明らかになった最凶伝説とは一体どういうものなのでしょう?
「ピンクモンスター」と呼ばれるのはなぜなのか?調べてみました。

豊田真由子のプロフィール

名前 豊田真由子(とよたまゆこ)
生年月日 1974年 10月 10日
出身地 千葉県
身長 cm
体重 kg
血液型 型

Sponsored Links

豊田真由子の学歴

豊田真由子さんは千葉県出身です。

船橋市立法典東小学校を卒業後、中学受験により私立女子中学校の名門桜蔭中学校に入学しています。中学受験する女子の憧れの学校ナンバーワンの学校です。

高校もそのまま桜蔭高等学校へ進学。
桜蔭高等学校といえば毎年東大合格者を60名~70名を輩出する進学校で有名です。
豊田真由子さんも卒業後は東京大学法学部へ進学しました!

すごいエリートですね~

1997年、東京大学法学部卒業したのちに厚生省入省し官僚の道へ進みます。同期に女性はいなかったということで男の中で徹夜続きのハードな仕事をこなしていたとてもタフな女性だということがわかりますね~
当時、介護保険制度のスタートや障害者福祉の仕事に携わっていたそうです。
そんな中、2000年にはなんと国費留学生としてハーバード大学大学院へ入学し、2002年に理学の博士号を取得しています。

東京大学卒業だけでもすごいのに…優秀の一言に尽きます。

その後の経歴として

2003年 – 金融庁総務企画局課長補佐。
2007年 – 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官。
2011年 – 厚生労働省老健局課長補佐。
2012年 – 自由民主党埼玉県第四選挙区支部支部長。
2012年 – 第46回衆議院議員総選挙当選(埼玉4区)。
2014年 – 第47回衆議院議員総選挙再選(埼玉県第4区)。
2015年 – オリンピック・パラリンピック大臣政務官、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。

※Wikipediaより抜粋

政治家を目指すようになったのは、東日本大震災の復興が進まないことに疑問を持ったことがきっかけだそうです。被災地の現状を目の当たりにして、奮起したのでしょうね。とても正義感のあふれる人だという印象を受けました。官僚から政治家へと転身しても華やかな道をたどっていってる感じですね~

Sponsored Links

豊田真由子の結婚してる旦那や子供について

豊田真由子さんは現在、夫・一男・一女の四人家族です。

旦那さんの名前はわかりませんでしたが、一般男性のようです。お子さんは2017年現在、息子7歳、娘5歳とまだ幼いですね!息子さんはジュネーブ滞在中に、また娘さんもパリで出産しているそうですよ~
子育てをしながらの政治家としての活動は、同じ子育て世代から共感を得ており豊田真由子さんを支持する方の中には、「働く母親の声をわかってくれるのは、豊田さんしかいない」とまで言われていました。政治家としての活動と子育ての両立ってどんなに大変なのか想像がつきませんが…睡眠時間は毎日2~3時間ほどで休みはないと言っていたそうですよ~

倒れちゃいますよね~
そこまでして、政治の仕事に取り組めるのはやはり正義感からくるのでしょうか?

女性として、こういう政治家がいてくれると安心しますよね!

豊田真由子の元秘書の名前や娘について

豊田真由子さんの経歴など、とてもいい印象で調べていたのですが…ここで気になるワードを発見してしまいました。

実は、元秘書である男性により豊田さんの数々の暴力暴言が告発されたというのです!
暴力に暴言って、一体どういうものなのでしょう?

今回告発したのは、豊田真由子さんのもとで政策秘書を務めていた55歳の男性。残念ながら名前はわかりませんでした。この元秘書である男性は、2017年6月18日付で辞職をしています。

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉

※デイリー新潮より引用

的な内容ですよね…(汗)
正義感の塊のような人だと思っただけに信じられません。この他にも

「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」と罵り挙句の果てには
この秘書の娘さんが強姦通り魔に合ったら…などともう脅迫するようなことまで口にしていたというのです!怖すぎる…

ICレコーダーを準備するだけありますよね~

なぜ、エリートである豊田真由子さんの口からこのような暴言が出てくるようになったのか?暴力はストレスのせいなのか?原因はわかりませんが、なにかしら問題があったのでは?と疑ってやみません。

このことから、中では家庭内暴力が日常的に行われていたなどの憶測も飛び交い、DV妻、虐待の噂まで出てきています。真実はどうなのでしょうね…本当に怖いです。

豊田真由子のピンクモンスターについて

もう、悪い噂しか出てこない豊田真由子さんですが「ピンクモンスター」という気になるワードも見つけました!

ピンクが好きなのでしょうね。ピンクの由来はポスターや洋服の色から出てきているようなのですが…
あっちの方じゃなくて少しほっとしたような(笑)

他にもハーバード大学が舞台となった映画「キューティー・ブロンド」に憧れていたようで、議員になった直後はブロンドに近い茶髪で派手なピンクのスーツを着ていたそうです。

ピンクのスーツの政治家というとつい、やる気!元気!いわき!の井脇ノブ子さんを思い出してしまうのは私だけでしょうか?

話は戻りますが…豊田真由子さんがモンスターと呼ばれるのにはある「園遊会事件」と呼ばれる出来事があったようなのです。

2014年春に行われた園遊会に招待客以外を入場させたとして問題になりました。招待していたのは本人の実の母親で、国会議員専用の受付にて招待客である夫と交代することを事前に連絡していたと言い張り、絶対ひかなかった模様…
「なぜ入れない!?」「入れなさいっ!!」と叫び、しまいには自分の母親を配偶者と言い切って無理やり入場をしてしまったそうなのです。

お母さん、なぜ止めないの?と疑問に思ってしまいますが、きっとだれにも止められない状況だったのでしょうね。

たしかに、常識では考えられない行動ですよね~
モンスターと呼ばれるのもわかる気がします。

豊田真由子の最凶伝説について

豊田真由子さんの最凶伝説は上記の他にもあるようで

議員会館の部屋が気に入らないから変更しろと、自民党四役の部屋に電話をかけたり
(自民党四役とは、幹事長、総務会長、政務調査会長と参議院議員会長を指します)

この一年半の間で20名の秘書が辞職をしているとのことで、暴行、暴言に対しては今回が初めてではないように思えます。

強い女性政治家としての「最強伝説」を残してもらいたかったですが、残念ながら凶悪議員としての「最凶伝説」を残すことになった豊田真由子さん。

今回の告発で、辞職だけではなく暴行傷害の容疑をかけられる可能性もあるようなのですが、一体どのような結末になるか気になりますね…

まとめ

エリート街道まっしぐらで順風満帆だった豊田真由子さんの今回の事件、どうしてこんなことになってしまったのでしょう?
女性として母親としての一面も、もしかしたら違っていたのかもしれません。
真実はどうなのか、明らかにしてほしいですね。

Sponsored Links

3 件のコメント

  • 秘書の氏名を調査したとかの見出しですが、結局はわかりませんですか。文章の中身は誰でも知っている内容ですね。

  • 政策秘書なる男性は、強く反論すべきだった。男として「 録音して証拠」にし週刊誌に売り込む、ことを 恥ずかしい こととは
    思わなかったのか、、同性として 恥ずかしい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。