堀米雄斗(スケボー)スポンサーや出身高校が気になる!兄弟や年収をチェック!

日本の若手ライダーの中で最も期待されている
スケートボードの堀米雄斗さんについて調べてみました。

堀米雄斗のプロフィール

名前 堀米雄斗(ほりごめゆうと)
生年月日 1999年 1月 7日
出身地 東京都江東区
身長 170cm
体重 45kg
血液型 型

Sponsored Links

堀米雄斗のスケボーについて

堀米雄斗さんがスケートボードを始めたのは
小学1年生の時だそうです。

元々お父さんがやっていたこともあり、遊び感覚で始めたそうですが
やってみたらすごく楽しくて一年後の小学2年生の時からは本格的に取り組むようになりました。

最初はお父さんがコーチしていたそうです。

2015年の時のインタビューで、『好きな科目は体育』と答えていたので
運動能力は高かったのかもしれませんね~

転んだりして骨折したことは6回ほどあるそうです。
「まだ6回ぐらいしかしていない」と言っていたので、どちらかというとあまりしていない方だそうですよ。

激しいスポーツだということがわかりますよね~

私、中学校のころにスケボー少年に憧れて
毎日おっかけ仲間と練習姿を見に行ってたのですが…

見てるだけだったのでスケートボードの世界のことは全くわからず(汗)
いろいろと調べてみました。

スケートボードの大会は主に3種類ありました。

【エックスゲームス】
スケートボードやボルタリングなど、エクストリームスポーツに分類されるスポーツの大会。
アメリカが主流ですが日本での認知度は低いです。

【デューツアー】
【ストリートリーグ】
この2つについては説明がなかったのですが、先日2017年5月22日に行われた
「ストリートリーグ(SLS)ナイキ・プロオープン」で堀米雄斗さんは日本人初の3位獲得となり「SLSプロ認定」されました。

2020年に開催される東京オリンピックの正式種目認定後、関係機関との協力体制を組んでいる
AJSA(日本スケートボード協会)のホームページのなかでも「AJSA公認プロスケートボーダー」として記載されており
2014年、2015年のグランドチャンピオンとなっているようです!

また、4月25日から行ブラジル・リオデジャネイロのバラダチジュカにて開催された
世界最大規模のスケートボードコンテスト「Oi Skate Total Urbe Open(Oi STU Open)」では
世界中から集まった176人の精鋭を倒し、1位を獲得しています。

オリンピック競技でのスケートボードには「パーク」「ストリート」男女別で4種目あるそうです。

出場に関してはピンときてはいないようでしたが、競技に選ばれたことをとても喜んでいたという堀米雄斗さん。

憧れの選手はオーストラリア出身の若手ライダー、シェーン・オニールさんだそうで
世界を目標にしている感じがすごく伝わりました。

また、日本のアクションスポーツの未来として、
JASA(日本アクションスポーツ連盟)『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2017』で表彰されています。

これからの活躍にも期待したいですね!

Sponsored Links

堀米雄斗の両親や兄弟について

堀米雄斗さんの家族については、残念ながら情報が見当たりませんでした。

スケートボードのきっかけになったのは
お父さんということなので、とてもアクティブな家庭だったんでしょうね。

中学校のころからすでに海外遠征をしていたようなので
とても裕福な気がしますね~

いろんな大会のホームページを見てみたのですが
どの会場も選手の応援に駆け付ける家族がたくさんいたので
みんなでサポートしているのでしょうね。

堀米雄斗の学歴

堀米雄斗さんの小学校や中学校の名前なども情報が見当たりませんでした。

遠征が多い生活を送っていたようなので
きっと理解のある学校だったのでは?と思われます。

高校は、通信制高校サポート校の聖進学院に通っていたようです。
仕組みとしては通信制高校に通う生徒を3年間で卒業させるためのサポートを
してくれる学院のようでした。

通信制高校とは違い、基本的に毎日通うそうです。
授業は15時には終わるそうで居残りなどもないとか。

知らなかったです!

堀米雄斗さんは、平日は大体3~4時間、土日に至っては8時間ほど練習しているとのことなので
長時間拘束される学校よりこちらの方が適していたのでしょうね。

現在は、高校を卒業しており大学へ進学してはいないようでした。

スケートボード一直線ですね!

堀米雄斗の年収は?

様々な大会に出場していますが、賞金っていったいどれほどなのでしょうか?

「Oi Skate Total Urbe Open(Oi STU Open)」で1位を獲得した際は
66,000レアル(日本で約232万円)の賞金を手にしています!

すごいですね~

また、堀米雄斗さんにはたくさんのスポンサーがついています。

HIBRID (スケートボードブランド)

Be-in Works (日本で最初のスケーターズカンパニー)

inhabitant (ライフスタイルスポーツブランド)

Division (スケートプロテクター)

DVS (スケーター向けシューズブランド)

CustomTrck (スケートボード関連)

TUFLEG (スケートボードブランド)

Triple Eight (スケートプロテクター)

ムラサキパーク東京 (ムラサキスポーツのスケートボードパーク)   …など。

注:過去も含みます。

たくさんありますよね~

スポンサードライダーというそうです。

CMに出たりしているそうですよ~

ハッキリとした年収まではわかりませんが…
きっと驚きの額なはずです!

まとめ

東京オリンピック、スケートボード競技で一番の期待を背負っている堀米雄斗さん。

これからも世界で活躍してほしいですね。

応援してまーす!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。