ラルクアンシエルの内紛や事務所が原因で解散は本当?メンバー間の不仲を調査!

ラルクアンシエル(L’Arc~ en~Ciel)の独立は
SMAPに続いてということがニュース記事が書いてありました。

SMAPに続いては・・・
ちょっとおおげさにとらえてるな~とも思ったりしています。

こちらのニュース記事は東スポが報じていたので
「また東スポか~」的なコメントが多かったですね。

東スポはデマを流すことでも有名ですが、
稀に本当のことを流したりしますので
もののふは半信半疑なんですね。

ラルクアンシエルの事務所はどこ?

Unsplash / Pixabay

ラルクアンシエルの事務所はMAVERICK。

代表取締役の大石征裕さんは1981年に
音楽事務所兼レコード制作会社「DANGER CRUE」を設立し、
1999年10月に法人化している。

2000年には
「マーヴェリック・ディー・シー株式会社」事務所と
「DANGER CRUE RECORDS」レコード製作部門をわけている。

2002年に「MAVERICK DC GROUP」と組織の変更している。

ラルクアンシエルと「MAVERICK DC GROUP」のトラブルって?

ラルクアンシエルと「MAVERICK DC GROUP」のトラブルには
・2006年11月の東京ドーム公演の放送権料(WOWOW)を分配しなかった。
・メンバーの了解を得ずDVD制作を勝手に進めていた。

他にも色々とトラブルはありそうな感が
たくさんありそうですね。

事務所の社長をしている大石征裕さんについて調べると
事件、裁判などとヤバそうなワードが出て気になります

さらにググっていくと
実話BUNKAタブーという雑誌に
私はラルク所属事務所社長に強引に陵辱されたと事件があったそうだ。

2013年に「ラルクの仕事をしてみないか」と声をかけて
女性強姦暴行&レイプ疑惑で事件になり協議だったとか・・・

これは今でも協議中なのかわかりませんでしたが、
和解でもしたんでしょうか?

大石征裕さんの事件なのに
ラルクアンシエルの名前を出すのはどうかと思いますね!

その事件があったからこそ
ラルクアンシエルは事務所に不信感があったんでしょう。

トラブルが起こる度に
どのようにして解決していたんでしょうかね?

そこが不思議なんですけど。

ラルクアンシエルのメンバー間の不仲や内紛は?

SMAPに似ているといわれているのがこの不仲らしい。

本当に似ているのか?ググってみました。

独立派のhydeとリーダーでベースのtetsuya。

中間派がドラムのyukihiro。

残留派のギターのken。

SMAPの場合は、いったんジャニーズ事務所から独立をしようと
したもの木村拓哉の妻である工藤静香が残留と打ち出したことから
分裂騒動がおきましたね。

SMAPの場合はジャニーズ事務所とメンバー間の内紛でした。

ラルクアンシエルの場合は事務所とのトラブルだけじゃないのと思ったんですが・・・

残留派のkenさんは2017年の2月に結婚されているそうです。

その妻から独立を止められているとしたらSMAPに似ているんですね。

ファンは同然のことkenさんには
メンバーとラルクを選んで欲しいと願っているんですよ。

もののふが思うに、
kenさんが事務所に残留する理由って見当たらないんですよね。

ジャニーズ事務所の場合はあれだけ大手だし
「MAVERICK DC GROUP」のように幹部らが
不始末した事件も見当たらない。

あったとしてももみ消せる力がある事務所。

「MAVERICK DC GROUP」の場合は、
そんなに大きくもないし、事件が表に出ている。

それでもその事務所についていくとする魅力が
あるとは思えないんで・・・

東スポさんの炎上商法なんじゃないの?と注目っておもいますね。

まとめ

解散すると決意するまでのメンバー間不仲があるとは思えないですね。

今回の解散はないとしても事務所の独立はありそうですね。

あるとしたらいつになるのがそれが気になりますが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。