佐藤仁美の性格や結婚して旦那となる彼氏の条件がヤバい!若い頃や太った理由は?

4月からのNHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演!

毒舌・酒豪キャラとしてバラエティでも活躍している
佐藤仁美さんについて調べてみました。

佐藤仁美のプロフィール

名前 佐藤仁美(さとうひとみ)
生年月日 1979年 10月 10日
出身地 愛知県春日井市うまれ
    名古屋市緑区出身
身長 156 cm
体重 kg
血液型 A型

佐藤仁美の結婚や旦那について

意外に、絶賛婚活中のようですよ!

ただ、上の条件にピッタリ当てはまる方を見つけるのは至難の業ではないでしょうか。

過去に「ヒルナンデス!」で前々から好意を持っていた有吉弘行さんと共演した際
生告白をしたことがあったようです。

結果は残念ながら撃沈でしたが、度胸がありますね~!

一方で昨年の夏頃から、俳優のムロツヨシさんとの熱愛の噂があるようです!

お二人は2004年にミュージカル「フルモンティ」で共演して以来の飲み友達
だったそうですが、その後交際に発展したとか。

恋愛を楽しんでいる感じでしょうか?

佐藤仁美の学歴

堀越高等学校を卒業。

同級生にはジャニーズの堂本剛さんもいるようです。

佐藤さんは、中学生の時にNHKの「中学生日記」出演しています。

当時、演劇部の部長をしていたそうでこの出演が女優を目指す原点になったそうです。

1995年、ホリプロスカウトキャラバンで4万人以上の応募のなかグランプリを受賞

1997年 映画「バウンス ko GALS」でコギャルの一人ジュンコとして出演。

その際、新人賞を総なめするほど高い評価を受けています。

テレビ朝日系「イグアナの娘」には主役の菅野美穂の親友
青島リカ役として出演。

幼少期からのトラウマを抱え、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう=特定の場面や状況では
全く話すことが出来なくなる病)を患っている難しい役を演じました。

日本テレビ系「家政婦のミタ」に出演した際は、
主役の阿須田家に何かと絡むヒステリックな隣人役を熱演しました。

数々のドラマや映画に出演していますが、どれもとても印象に残る演技で
改めて素晴らしい女優さんだなと思いました。

佐藤仁美の現在

4月から始まるNHK朝の連続テレビ小説の新シリーズ「ひよっこ」に出演します。

物語は1964年の東京オリンピックのころから始まり、
主演の有村架純さん演じるみねこが奥茨木から集団就職で上京し、
激動の時代に揉まれながら成長していく姿を綴ります。

佐藤さんは東京編から出演。

のちにみねこがお世話になる「すずふり亭」のホール担当
朝倉高子としてちょっと訳アリの女性を演じます。

佐藤さんですが朝ドラには、
1999年には「あすか」では竹内結子のライバル役
2005年には「ファイト」
2011年には「おひさま」
2016年には「とと姉ちゃん」と多数出演しています。

今回の役も気になりますね!

佐藤仁美の若い頃や太った理由

今でこそ、毒舌・酒豪キャラとして定着していますが
元々は「ホリプロスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入りしており
デビュー当初は清純派美少女キャラとしてとても人気がありました。

最近、太った とか 劣化した と囁かれていますが、
噂になりだしたのは2011年ごろからのようで、実際テレビで見ていても
そんな印象を受けたのは確かです。

太った理由は、やはりお酒が関係しているようで、
深夜から飲み始めたお酒は翌日の昼まで続き、そのままランチに行ってしまうそうです。

ちなみに、新宿二丁目での愛称はキャサリンとのこと。

酒癖はあまりよくなく、人の不幸話が大好きだそうです。

お酒を飲んでも運動すれば体重の増加は防げたのかもしれませんが、
趣味はパチスロとのことでそれじゃ動きませんよね~

太る要素しかない生活を繰り返した結果なのでしょうね。

まとめ

佐藤さんの豪快な私生活には驚きましたが、
今の味のある演技は清純派キャラのままでは生まれなかったのかもしれないですね。

これからの活躍も楽しみですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。