中尾彬と池波志乃の終活で処分したものや場所が気になる!友達や口癖をまとめ!

中尾彬さんの終活についてテレビでようやく放映されるんですね。

芸能人だからって目線ではなく真剣に終活について考えて欲しいって番組であって欲しいですね。

処分した金額に驚くのかもしれませんが…

中尾彬さんが終活で処分したものや場所について注目していきます。

中尾彬の終活を考える

亡くなる前に身の回りのものを綺麗さっぱりにするだけではなく処分できずに困らせないようにしておくことが終活になります

中尾さんが終活をしたことで以前からどんな終活をしていたのか?気になる方が大勢いらっしゃったようです。

もののふもその中の1人なんですが…

もののふが終活するのではなく両親が終活をしておいたほうがいいんじゃないの?って思うほど物がありすぎて困っています。

中尾さんと池波さん夫婦の場合もそうなのかもしれません。

現に他の方も勧めているぐらい終活の大事さに目覚めていたようです。

目覚めるっていうのも変な感じですが、知って行動を起こすことも素晴らしいなって思います。

中尾さんと池波さんが行った終活で処分したものはなんだったのか?すごく気になると思いません?

もののふは思いますね。

中尾彬の処分したものを紹介!

中尾彬 処分ググってみるとジモティーっていうサイトが出てきます。

それらを見てみると中尾彬さん本人が処分したかのようなものじゃなくて中尾彬さんプロデュースしたものやサイン、丸盆などが出品されておりすでに受付終了していました。

色々とプロデュースされていたんですね。

ビックリしました。

中尾彬さんが終活で処分するにまず思いつくことがネジネジ巻物なんですね。

中尾彬さんのトレードマークですもんね。

聞いた話によると1万着以上もありブランド物から無名のものもあるとか…

今後のことを考えて数着は残しておき後は処分しちゃっているんではないでしょうか?

処分する時はどこで処分したかの気になりますが…リサイクルショップで処分したとしたら一着200円の価格がつくと1万着で200万は行くんですね。

中尾彬さん使用ということでプレミア価格もつくのではないかと思いますが…

一つ目がネジネジ巻きでした。

二つ目は超が付くほどグルメっていうことで知られている中尾彬さんであります。

そうすると食べ物を載せたり美味しく食べるために映えるものや酒を美味しくするためのグラスとかコップなどの食器や飲み物の器などが考えられますね。

ブランド物の食器やグラスは1つ万単位が当たり前の世界もあるようなので…

きっとブランド物の食器やは処分していないと思います。

これは中尾彬さんだけではなく池波さんが使えることもありますしブランド物の食器は長く使えるし子供にあげても使えるものなので処分ではなく譲ったかと思われます。

3つ目は今住んでいる自宅の処分をしていたのではないかなと思います。

豪邸から2人が暮らしても困らない程度のこぢんまりとした家に変更したんでしょうね。

自宅の方はおそらく賃貸にしてすでに誰かが住んでいているんではないでしょうか?

賃貸で入った収入で中尾彬さんと池波さんが夫婦はそこで死んでもいいと思えるような自宅に住んでいるとおもいます

こんな暮らしもいいですね

もののふが聞いたところによるとおじいちゃんとおばあちゃん、父と母、子供達と暮らしていたあの昭和50年ぐらいまでは普通にありましたね。

二世帯住宅とかじいちゃんやおばあちゃんとは少し離れて暮らしている家族が現実に困っていることがあるそうです。

何に困っているのかといえば大きな家に子供達は出て行ってしまい、じいちゃんとおばあちゃんは旅たってしまった家に夫婦二人では大き過ぎて困っているという話をよく聞きます。

税金のこともありますし…

こういうことがあるから終活とか処分に困ってしまっている話などが出てくるんですね。

中尾彬さんの終活をみていいと思ったところはどんどんと真似をしていいと思いますね。

中尾彬さんが終活を考えるようになった理由

中尾彬さんがなぜ終活を考えるようになったのかというと…10年ぐらい前にほぼ無休でレギュラー番組に出演されていた時のロケ地の先のホテルで発熱からの重度の急性肺炎にかかってしまっています。

歳をとっているわけではないが年配の方に肺炎は怖いと聞いています。

中尾彬さんの場合はその怖いというのを経験されてしまいます。

肺炎から腎臓が低下され腎不全や命を落としてしまう寸前の横紋筋融解症にかかってしまいます。

命は助かったものの度々と軽度の症状が起きることもあり、終活を真剣に考えるようになったといいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。