金久保優斗(東海大市原望洋)ドラフトや進路が気になる!少年野球や出身中学を調査!

センバツ出場する千葉県にある東海大市原望洋高校にいるプロ注目右腕がいるのをご存じでしょうか。

高校野球ファンなら一度は聞いたことがあると思います。そんな彼の名前は「金久保優斗」選手です。

既にドラフト候補としても名前があがっているほどの注目選手です。そんな彼のことをちょっと調べてみました。

金久保優斗のプロフィール

名前 金久保優斗(かなくぼ ゆうと)
年齢 17歳
生年月日 1999年 11月4 日
出身地 千葉県
身長 180cm
体重 72kg
血液型 O型

金久保優斗の出身地について

出身地は、千葉県八千代市です。

県内トップクラスで年々人口が増加しています。

2028年には20万人を超えると言われています。

「なし」の栽培が盛んで、市の木は「つつじ」花は「バラ」です。

茨城県八千代町・兵庫県多可町・広島県安芸高田市と「八千代同名市町協定」を結んでおり、北海道釧路市と「スポーツ友好都市」を結んでいる都市です。

また、姉妹都市にアメリカテキサス州タイラー市があります。市制施行10周年を記念して「森昌子」さんが歌う「八千代ふるさと音頭」なるものがあります。

歴史も古く、旧石器時代の遺跡が残っていることから約3万年前から人が住んでいたとされています。

金久保優斗の学歴や野球歴を紹介!

  • 八千代台小学校の1年生の時から軟式野球を始める
  • 八千代台西中学校在校中に佐倉シニアに所属し、硬式野球を始める
  • 中学校3年生の夏に全国優勝、ジャイアンツカップ優勝を達成
  • 関東連盟夏季大会では、MVP、ベストナインに選出される

金久保優斗の現在について

現在、東海大学付属市原望洋高等学校在学中です。

最速147km/hの速球を持ち、伸びのある直球、スライダー、カーブの変化球が武器で、キレがあり三振をとる力があります。

2年生の夏ごろから、「打たせて取る」投球と「三振を取る」投球を使い分けることができる投手になってきています。

コントロールも良く、大崩れがしない安定感があります。身体がさらに作られれば150km/hまで上げることが可能ではないかと言われています。

千葉大会準々決勝の木更津総合戦で0-1で敗戦し2016年夏の甲子園行きを逃しています。この時の戦いを「1点の重みを学び、自分を変えた試合」と振り返っています。

まとめ

中学時代から失点が少なく安定感が持ち味の選手のようです。

既に高校2年生の秋季高校野球関東大会では、7球団のプロスカウトが視察に来ています。

いかに注目されているか分かります。

この大会で1人で投げ抜くスタミナと、エースとしての責任感がとても強く持っている選手のようです。

また、悔しさをバネに成長することができる素晴らしい選手とも伺えます。

今後の進路ですが、「千葉ロッテマリーンズ」「読売ジャイアンツ」「阪神タイガース」に高く評価されています。

同高出身の「島孝明」選手が「千葉ロッテマリーンズ」にいらっしゃいます。

彼のような爆発的成長が見られるのではないかと、期待が高まっています。

今後が楽しみな選手ですが、期待とプレッシャーに押し負けることがないか心配されます。

プロ野球選手としてテレビで活躍を見られる日々が遠くない将来見られることでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。