ルシファー吉岡のライブでのネタが面白くない理由!芸歴は高校からってマジ?

小さい頃げんこつ山のたぬきさんを
よく歌っていたもののふです。

げんこつ山のたぬきさんの歌で
寝てしまうほど飼育が楽だったと親からの思い出話。

その思い出話を破壊されたルシファー吉岡さんの
歌ネタのげんこつ山のたぬきさん。

フレーズが頭から離れないと話題で
ルシファー吉岡の芸人について紹介していきます


ルシファー吉岡のプロフィール

名前 ルシファー吉岡
本名 吉岡大輔(よしおかだいすけ)
生年月日 1979年 10月 13日
出身地 島根県
身長 172cm
体重 非公開
血液型 O型

Sponsored Links

ルシファー吉岡のネタを紹介!

ルシファー吉岡さんのネタでもある
「げんこつ山のたぬきさん」

げげんげんげんげんげげん♪
げげんげんげんげんげげん♪
げげんげんげんげんげげん♪

それを聞いたらフレーズが頭から離れなくなります・・・

嘘をついてバイトを休んでまでライブを見に行ったのかな?

げんこつ山のたぬきさんが面白いという状態だそうです。

ルシファー吉岡さんのライブネタが面白くないと
ネット上での評判をよく聞きます。

理由を調べてみると
ルシファー吉岡さんのネタがコント、歌ネタ、一発ギャグが中心。

コントは下ネタっぽいのを使っているからなのか?

「おもしろくない!」
「何がしたいのがわからない!」
といわれているようです。

コントや一発ギャグには
好き嫌いが分かれますので差はあるだろうと思います。

滑っている感がたまらないと
考えを持っている方もいますので
そこを大衆に受けられるかどうかなんですね。

しかし、片岡鶴太郎さんは
「ルシファー吉岡の狂気をドラマで見てみたい!」
と将来は役者の道があるかもしれないといっていたそうです。

役者で意外な一面が見られるかもしれません。

Sponsored Links

ルシファー吉岡の芸歴について紹介!

ルシファー吉岡さんは、
東京電機大学大学院理工学研究科修了後、
大学院に進み修了しています。

その後、一般企業に就職し開発部門に配属し、
月給を30万円もらうほど高給だった。

しかし、10ヶ月で退社し、
芸人の道を選んでいます。

当時は両親も、特に母親が大変な怒りようで
「そんなすぐに泣くの?」とおもうぐらい
泣いてしまったのです。

退社後は、マセキタレントゼミナールの
出身一号となり、歌ネタ王決定戦2013に準決勝進出。

2014年の7月には「お笑いハーベスト大賞」で優勝しています。

2016年と2017年は2年連続「R-1ぐらんぷり」の決勝に進出。

今まで紹介していたのは
経歴であって芸歴じゃなかったですね。

ルシファー吉岡さんの芸歴は
母がルーツだそうで高校からではなく
小さいときからだったんです。

母は、ルシファー吉岡のR-1ぐらんぷり出場で
実家にすごい電話がかかってきたそうです。

その後にメールで
「まだお米ある?」

おめでとうじゃなくて食事の心配はお母さんですね。

「ところでアールワンをみました」

そのメールがあったそうです。

なぜカタカナなの・・・

親子あるあるだな・・・

「全国ネットのゴールデンで下ネタをやったらアキャンタマ!」
とメールも・・・

おぼっちゃまみたいなギャグで寒いですが、
いつも笑わせようとする?それとも自然にでていた?

そんなお母さんだったそうですよ。

まとめ

ルシファー吉岡さんの顔をみて
たこ八郎に似ているなぁとおもったのは・・・

もののふだけではないはず?

たこ八郎とすると役者の道もありえそうですね~


Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。