富樫勇樹のダンクはルール違反だった!?タトゥーや退団の理由がヤバ過ぎる!

スラムダンクという漫画を読んでいます?

あの漫画に続きがないのは
なぜなんだとおもっているもののふです。

スラムダンクにでている宮城リョータさんに似ていると
ファンの間では評判の富樫勇樹さん。

富樫勇樹さんのダンクがありえなーいと
いわれていますが・・・
富樫勇樹について注目していきます。

富樫勇樹のプロフィール

名前 富樫勇樹(とがしゆうき)
生年月日 1993年 7月 30日
出身地 新潟県新発田市
身長 167cm(5ft6in)
体重 70kg(154ib)
血液型 AB型

富樫勇樹の結婚している嫁や子供は?

富樫勇樹さんは秋田ノーザンハピネッツの時代から
付き合っていた彼女と結婚しました。

公式による発表はないもの・・・
一般人の方と結婚されていた可能性が高そうな
噂がネット上では確認できています。

ただ・・・子供や彼女の名前は確認できませんでした。

また子供の存在も確認はできませんでした。

いずれ子供と奥さんを連れて
インタビューを受けている姿が
東京オリンピックのあたりか?試合後などに
ありえそうですね。

「パパ~っと」
近づいてくる子供を抱き上げてくるんではないでしょうか?

富樫勇樹のバッシュが気になる!

富樫勇樹さんが現在履いているバッシュは
ナイキの「カイリー1」。

このブランドには
マイケルジョーダンが履いていたことでも
古いですが・・・有名なんですね。

エアジョーダンとか、エアマックス(バスケとは関係ないけど・・・)などで
プレミアム価格となり、偽ものをつかまされ泣いた友人も多くいたとか・・・

今となっては懐かしい思い出の一つです。

ナイキの「カイリー1」は、
NBAのカイリー・アービング選手のモデルともいわれ、
最新はカイリー3が出ているようです。

amazonや楽天で確認すると・・・

かなり高額なんですね。

ナイキジューズのプレミアム価格は現在ですか!!!

富樫勇樹のNBA時代について紹介!

富樫勇樹さんは7月11日にNBAの選手となり、
サマリーグに出場しています。

ロスターというチームに入り、
ポイントガードの3番手の位置づけだったが、
サマーリーグの5試合のうち4試合に出場するほど
活躍されていました。

出場時間は限られたものだったが
7月16日のシャーロット・ホーネッツ戦では
およそ11分の出場時間で12得点をあげるなどの活躍。

特に第三クォーター終了間際に放ったシュートは、
その日のリーグトップ10プレイに選ばれました。

11分の出場時間が少ないと思われますが、
日本初のNBA選手であった田臥勇太さんでも
合計で17分の出場です。

まだまだNBAレベルの壁は厚いようですね。

富樫勇樹の筋肉は超人レベル?

富樫勇樹さんは身長が、167cmと
バスケット選手といえば大きいとはいえない。

しかし、それをを補う技術とスピードがあります。

野球界も同様なことが言えますね。

イチロー、青木、川崎など・・・も
大きいとは言えないが、ピッチャー陣と比較して
長く活躍し続けているのは技術とスピードがあるでしょうね。

富樫勇樹さんはディフェンスにおいても
体格で勝るアメリカ人選手に対抗するために
あらゆる筋力トレーニングを重ね、
強靭な肉体で身長差をカバーしているのもポイントです。

技術とスピードだけじゃないところも注目ですね。

富樫勇樹の高校について

中学卒業を控え当時のヘッドコーチだった
富樫の父親は交流のあった中村和雄の勧めもあり、
日本の高校には行かずアメリカ留学を決意しています。

スゴい挑戦なんだね。

もののふだったら無謀にも思える挑戦なんだが、
それまでの努力が並大抵のことでないことをしたんだと思います。

NBA選手のケビン・デュラントやグレイビス・バスケスなどを
輩出したバスケの名門中の名門のモントローズ・クリスチャン高校に進学しています。

進学後は、1年ながらロースター入りをはたし
2010年の同校全米ランキング2位入りしています。

大学進学を考え、
NCAA1部の大学に勧誘を受けるが、
学費全額免除ではなかったため断りました。

学費が全額免除じゃないと入学できなかったのは、
両親と色々と進路について話し合ったと思われます。

両親の援助も受け入れないと思ったんでしょうか?

全額じゃなくても学費が高額だったとも考えられますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。