李在鎔(イジェヨン)の逮捕理由は贈賄疑惑だけじゃない!離婚した嫁や子供もヤバい!

サムスン電子副会長の李在鎔(イジェヨン)さんが
贈賄疑惑の逮捕ニュースが流れて韓国民は
ようやく真相が突き止められると思っているのではないでしょうか?

先月も逮捕状請求をしていたが、
このときは棄却されたのは不思議に思っていましたが・・・

李在鎔(イジェヨン)について紹介していきます。

李在鎔(イジェヨン)のプロフィール

名前 李在鎔(イジェヨン)
生年月日 1968年 6月 23日
出身地 ソウル特別市
身長 非公開
体重 非公開
血液型 非公開

謎が多い印象ですが、住まいがソウル特別市って・・・
どういうことなんだろう?

日本の「都道府県」に該当する韓国の行政地域(広域自治団体)は基本的に「道」になります(京畿道、江原道、全羅南道など)。京畿道に属していたソウルを「道」と同じ権限をもつ自治体として独立させ「ソウル特別自由市」と名前を変え、その後1949年に「ソウル特別市」と名前を変えました。

要するにソウルという地名はソウル特別市ということだったんですね。

今までソウルって聞いていたのは略していたんだ。

李在鎔(イジェヨン)の一家について紹介!

イジェヨンさんの一家はサムスンに君臨しております。

おじいさんの李秉喆(イビョンチョル)さんは
サムスングループ(三星グループ・三星財閥)の創業者であり
2010年に孫のイジェヨンさんのマンションでお亡くなりになっています。

自殺と推定されていましたが・・・
遺書もなく原因を調査中となっている。

父の李健熙(イゴンヒ)さんは
サムスン電子の会長をしており「買春ビデオ」が公開され
話題もなっていたり、意識不明とか意識回復したとか何かと
話題を提供している会長でもあります。

・appleと訴訟問題
・盗難車のフェラーリ330LMBを所有
・1997年に全斗煥・盧泰愚両元大統領への贈賄事件

3度の有罪判決と2度の恩赦をもらっているそうで、
今回のイジェヨンさんも恩赦を貰う可能性はありそうですね。

李在鎔(イジェヨン)はサムスン電子で何をしているの?

イジェヨンさんはサムスン電子の副会長をしています。

そこで何をしているのか?気になりません?

ググってみると、
大学の在学中にサムスン電子に入社。

大学卒業後日本の慶応大学やハーバード大学にも
経営の勉強をしていた。

勉強しながら会社の収入も
もらっていたと考えられます。

なんとも・・・
父の七光りがすさまじい・・・

会長の息子だからって
反感を買っている社員は多くいるのでしょう。

大学を卒業後、10年ほど経営の勉強をしていたというが、
ほぼパーティとかで遊んでいたんではないでしょうか?

サムスンに戻ると
常務、専務、副社長、社長と昇進していき
40歳過ぎに副会長となり事実上トップとなっています。

実績もないのに?とおもいますよね。

サムスン電子の事実上トップという理由が
父のイゴンヒさんの体調が思わしくないからと
言う理由のようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。