炎上

totoBIG(トトビッグ)不正の内容や出目操作がヤバい!返金や当たらない理由をまとめ!

投稿日:

totoBIGの不正が発覚して
なかなか当たらない理由があったことで
怒り出している方が出てきているようです。

不正の内容や出目操作をして
得をする人っていったい誰なの?

不正がわかったのだから過去までさかのぼって
返金することもできるの?

などと
totoBIG(トトビッグ)の不正に
ついて注目していきます。

totoBIGの不正内容を紹介!

動画もありこれは動かない証拠になるほど
強力な出来事・・・


画像や動画を投稿した540さん。

540さんの話によれば
楽天でtotoBIGを12日に5口
13日に10口買ったそうだ。

その購入した結果を見てみると
5口の1~5と10口の1~5の内容が全く同じ。

totoBIGは購入したときに、
ランダムで出目の結果がはじき出されるシステムになる。

拡大している画像をみてもわかるように
同じ出目の結果となっている。

totoBIGの出目を不正しなかったときの数字は天文的な数字!

上記の画像をから不正じゃなくて
偶然的にはじき出されたとなれば・・・

その偶然的な確率を計算してみると
100/250,316,000,000,000,000,000,000,000,000,000
↓約分
1/2,503,160,000,000,000,000,000,000,000,000,000
↓日本語に
25溝0316穣分の1

となる計算になるそうです。

392溝分の1の確率らしいぞと
いう方もいましたので
とてつもなく天文学的な偶然となるわけです。

ないわけないけど確率的にどう考えても・・・

ね?

その計算結果の日本語に
25溝0316穣分の1や392溝分の1となっているが、、、
単位ではこのように読みます。

万→億→兆→京→垓→予→穣→溝・・・

京までは聞いたことあるが、
京を超えて読むことがあるのは知っているが
実際に文字でみてみるととんでもない数字です。

ちなみに日本語の数字単位は
最後まで読むとなれば無量大数となっている。

1…………=一(いち)
10………=十(じゅう)
10の2乗…=百(ひゃく)
10の3乗…=千(せん)
10の4乗…=万(まん)
10の8乗…=億(おく)
10の12乗=兆(ちょう)
10の16乗=京(けい)
10の20乗=垓(がい)
10の24乗=秭(じょorし)
10の28乗=穣(じょう)
10の32乗=溝(こう)
10の36乗=澗(かん)
10の40乗=正(せい)
10の44乗=載(さい)
10の48乗=極(ごく)
10の52乗=恒河沙(ごうがしゃ)
10の56乗=阿僧祇(あそうぎ)
10の60乗=那由多(なゆた)
10の64乗=不可思議(ふかしぎ)
10の68乗=無量大数(むりょうたいすう)

この単位が階段を登りながら覚えていく
取り組みを行っている学校があります。

IQ120のみ入学できない学校だそうですが・・・

偶然的な確率を引いてしまった540さん。

宝くじを当てることよりも
難しいくじを引いてしまっています。

不正されたというtotoBIGくじの結果が
当たれば良いのだが・・・

次のページへ >



こちらも読まれています。

-炎上

Copyright© ざわざわ・・・ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.