福田朋夏の夫や失神がヤバすぎる!学歴の東大や経歴と年収が凄すぎる!

福田朋夏さんという20年に1人の
天才美女フリーダイバーがいるのを
紹介していきます。

フリーダイバーは、
海をボンペなしでどれだけ深く潜れるか?と
いうスポーツなんです。

フリーダイバーの魅力について
もののふが説明するより一流のダイバーが
語っている動画をみた方が早いです。

フリーダイバーの魅力

次項からは福田朋夏について
「福田朋夏の夫や失神がヤバすぎる!学歴の東大や経歴と年収が凄すぎる!」などを
注目していきます。

福田朋夏のプロフィール

名前 福田朋夏(ふくだ ともか)
生年月日 1978年 2月 2日
出身地 北海道札幌市
身長 ?cm
体重 ?kg
血液型 ?型

福田朋夏の経歴

福田朋夏さんは元モデルだった当時は
ファッション雑誌やCMなどで活躍されていました。

海にいったことがキッカケとなり、
沖縄へ移住することでフリーダイバーを
2011年から始める。

その時点で天才の片鱗を見せます。

トレーニングでいきなり58mを潜ったことで
日本記録の56mを破ってしまう。

翌年の2012年11月には80mを潜り、
トップダイバーでも80mを潜るには
10年かかると言われている競技を
2年で達成する。

まさに天才です。

経歴についてまとめると
・ファッションモデル
・プロのフリーダイバー

現在でもフリーダイバーに関わる
CMやモデル、テレビ出演をしたりと
多岐にわたる活動をされています。

Sponsored Links

福田朋夏の失神についてフリーダイバーがどれだけ危険なのかを紹介!

フリーダイバーはスポーツなので
ルールがあります。

フリーダイバーという競技内容

こちらをみればわかると思いますが、
簡単に説明します。

フリーダイバーのルールを解説

海に潜る間は当然のことですが、
呼吸を止めて潜っていきます。

限界ぎりぎりまで潜るのではなく、
帰りにかかる時間も考慮して
肺に残っている酸素を把握しなければなりません。

海面に戻ってから
サイン(合図)を審判に見せて初めてゴールとなります。

潜水中や海の上に戻っても
サインを見せないとブラックアウト(失神)と判断され
ゴールとならないルールがあります。

たしか・・・「グランブルー」映画では
こう書いてあったと思われる。

しかし、潜水に失神するまで
競い合うといった精神は考えられないと思うところが
ありますね。

オリンピックの競技に例えると、
熱中症になりかけても競技を継続する方や
重量挙げの競技中に失神してしまう方もあり
スポーツとはいえ危険はつきものですね。

福田朋夏がやっているフリーダイバーのスポーツ内容は?

福田朋夏さんがやっている競技は、
「コンスタント・ウェイト・フィン」
という競技に参加しています。

コンスタント・ウェイト・フィンという競技は
フィンをつけて自分の泳力で垂直に潜っていきます。
ルールには
・ガイドロープを使って潜降や浮上してはならない
・潜水中にウェイトを変えてはならない

があります。

他の競技にはフィンなしとか、ウェイトを変えてもいいとか、
サポーラという乗り物で潜降するとかロープを伝っていいとか
いろいろな部門があります。

奥が深いですが、競技人口はあまり少ないと思われます。

福田朋夏さんの失神については、
2012年に経験されています。

その当時の状況はこうだったそうです。
・体調が悪かった。
・77mと設定していたゴール前に水着が引っかかってしまい解けてしまう。
・耳抜きのために口の中に残しておいた酸素が肺に戻ってしまう。
・焦りから不安になり急いで戻ろうと気持ちが高ぶった。

いろんな悪条件が重なり
海の中で失神されたそうです。

そのときに真っ先に飛び込んだのが
当時の主人だった夫でした。

他にも何回が失神を経験されているそうで、
facebookにアップしていましたので掲載します。

失神してもまた海と競技に戻ってしまう
福田朋夏さんはグランブルーの主人公とたぶってしまいます。

フリーダイビングによる事故も
後を絶たないようですので気をつけてください。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。