以前は多岐川華子という芸名で
芸能活動していた華子さん。

華子さんが今度のしくじり先生の3時間スペシャルで
先生として登壇。

生徒には、同じ境遇の二世タレントのIMALUさん、
娘に高橋真麻を持つ父の高橋英樹さんが聴講する。

どんなことをお話しするのかと言えば、
結婚後スピード離婚して親の顔に泥を塗って
ひんしゅくを買っちゃったことをお話しされるようです。

どんな内容でお話しされるのか?
離婚と再婚についてググってみました。

ついでに旦那や父親の真相がヤバいな!って
ビックリしましたので記事にしています。

まずは華子さんのプロフィールから
お話ししていこうと思います。

華子のプロフィール

名前 華子(はなこ)
あだ名 華ちゃん
生年月日 1988年 9月 16日
出身地 神奈川県
身長 161cm
体重 43kg
血液型 A型

母に多岐川裕美さんのルックスを受け継いでいる
抜群なスタイルで注目を浴びだした華子さん。

華子さんがクラビア活動していたときの
ルックスがこちら。

残念なことにもののふ的には胸が少ないと
感じました。

2005年の10年前は清楚なルックスとして
人気だったみたいですが、、、

母親の多岐川裕美さんのルックスも見てみましょう。

顔はまさしく譲りで美人ですね。

胸も・・・譲りなんですね。

華子の旦那って大物ファミリーなの?

華子さんは、仁科克基さんと2010年1月に交際を宣言して
同年の10月に婚約を発表しています。

翌年の2011年1月11日に婚姻届をして、
1月21日にグアム挙式を挙げました。

仁科克基さんといえば、旧芸名で、
目黒 正樹

仁科克基
と名乗っており、
現在は、岩井久次郎と名乗っています。

仁科克基さんの父親は、
松方弘樹さん。

母が仁科亜季子さん。

異母の兄が目黒大樹さん。

仁科仁美さんの妹を持つという
芸能界では大物ファミリーです。

その大物ファミリーの仁科克基さんとの
結婚生活は1年9ヶ月で離婚しています。

スピード離婚ですね。

スピード離婚の原因に華子?

華子さんと仁科克基さんのスピード離婚の原因に
旦那のキャバクラ通いと、
キャバ嬢を連れてきたこと。

旦那がキャバ嬢を連れてきた理由に
「僕(仁科克基)がかなり酔っていたので送ってもらった」
というお馬鹿な返答でした。

ありえないし、言い訳が下手なんですね。

離婚の原因に華子さんではなく、
旦那さんであることは見え見えです。

ただ、その離婚で華子さんは、
仕事が激減してしまいます。

激減の原因がしくじり先生で
お話しされるようですが、普通に考えて
母の多岐川裕美さんから結婚を止めていたと
思われますね。

止めていても一度燃えた情熱は
収まらず、結婚してしまったという失敗なんでしょうか?

華子に再婚の噂がある?

華子さんをググってみると
再婚というキーワードが出てきます。

調べてみると華子さんは、別の人と再婚するのではなく、
前夫の仁科克基さんと再婚の話だそうです。

もっとくわしく調べていくと、
仁科克基さんが華子さんに未練タラタラで
未だに再婚したいとコメントされているようです。

無理でしょ。

再婚したらキャバクラ通いはやめるの?
という問い合わせに
「やめない!」
という仁科克基さんのコメント。

問い合わせた芸能人らは
呆れた顔していた番組がこちら。

『嵐を呼ぶあぶない熟女VIII』

案の定デヴィ夫人に罵倒されてまんがな・・・

華子の父親について

華子の父は、
元俳優でアクターズプロモーション元社長の阿知波信介さん

母とは離婚してしまっているが、、、、
元マネジャーで社内恋愛のち結婚だったそうです。

あんなルックスと美貌をお持ちの多岐川裕美さんなら
男はみんなおちてしまうんではないかと。

華子さんの父は、
脳梗塞と高血圧に悩まされ、
鹿児島県霧島市の犬飼滝で自殺をします。

こことは関係ないが、、、
霧島市といえば焼酎で有名でもありますね。

それからかつては、
ウルトラセブンのソガ隊員役で活躍していたのも
あまり知られていないのかもしれません。

まとめ

華子さんをここまでお話ししましたが、、、

しくじり先生では、
華子さんを小馬鹿にした人がいます。

「救いようがない」と・・・