ドラマ『奪い愛、冬』は2017年1月スタートの新ドラマ。毎週金曜のよる11:15〜、テレビ朝日系列にて放送されます。脚本は、放送作家の鈴木おさむさんが書き下ろす完全オリジナル作品。

そして、記憶に新しい「不機嫌な果実」(2016年4~6月放送)のスタッフが再集結!鈴木おさむさんとの強力タッグで禁断の愛を描きます。

主演は倉科カナさん、相手役に三浦翔平さんを迎え、初共演で“ドロキュン”恋愛に挑戦。

とにかく激しい内容で、2人の今までのイメージをガラリと変えること間違い無し!ハイスピードな愛の奪い合いに、一瞬たりとも目が離せなくなりそう。

ドラマ「奪い愛、冬」のあらすじ

%e5%a5%aa%e3%81%84%e6%84%9b%e3%80%81%e5%86%ac%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%8922111101

デザイン会社勤務の池内光(倉科カナ)は、同じ会社で付き合っている、同い年で後輩の奥川康太(三浦翔平)にプロポーズされ婚約することに。
content_hurin-uwaki

結婚を目前に、幸せな日々を送っていた光。

ところがある日、光が死ぬほど愛していたのに突然姿を消した元彼と再会してしまいます。

正義感が強く、元彼へ惹かれていく自分の気持ちに抗おうとしますが、抑えきれなくなり、光は妻帯者である彼を求めはじめます。

そして康太は、光の心が自分から離れていくにつれ、嫉妬のあまりどんどん“嫌な自分”に変わっていきます。

さらには、元彼の妻や康太に好意を寄せる同僚、康太を溺愛する母親までが介入してきて、あちこちで奪い愛が勃発することに。

愛に一直線の激情型女子・光を演じるは『倉科カナ』さん

%e5%80%89%e7%a7%91%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%8958111101

主演は約3年ぶり。テレビ朝日系では初主演となる倉科カナさんは、1987年12月23日生まれ。

高校3年生のときに冒険心から受けたオーディションでグランプリを獲得。

高校卒業後に本格的に活動を開始し、翌年のミスマガジン2006でグランプリになりグラビア活動をはじめます。

一方で女優業も開始し、2009年後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』で主演に選ばれた頃から女優に完全に転身。

「花のズボラ飯」や水木しげるのゲゲゲの怪談「永仁の壺」などの作品で主演を務めています。

ラブストーリーの経験は少ないとコメントしていますが、フジテレビの月9「カインとアベル」でメインキャストの恋人役を演じています。

清楚で可憐なイメージから、大人の魅力をぐっと増した倉科さん。連続してラブストーリーに出演するのもうなずけますね。

そんな彼女が今回演じる「池内光」は、仕事も恋も充実している女性。

父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで育てられました。仕事場では婚約者である康太にも厳しく接しますが、プライベートでは結婚を目前に2人はラブラブ。

ところが、かつて死ぬほど愛した元彼と再会。

すでに婚約している康太のことは、もちろん愛している。けれど、突然消えた元彼への未練だってまだある。。。
dokujostyle_40069_1

2人の男の間で揺れ動く、後ろめたさと抑えられない恋心をどう表現するのか。期待が高まります。

嫉妬でわれを忘れる癒やし系男子・康太を演じるは『三浦翔平』さん

%e4%b8%89%e6%b5%a6%e7%bf%94%e5%b9%b3%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%8932111101

1988年6月3日生まれで、2007年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で2つの賞を受賞。

2008年、テレビドラマ『ごくせん 第3シリーズ』で俳優デビューを果たします。2010年には、舞台「SAMURAI 7」で初主演に選ばれるなど、今注目の俳優さんです。

ラブストーリーの経験が多い三浦翔平さんですが、変貌を遂げるほど嫉妬まみれになる役は初めて。今までの自分のイメージを大きく変える役に、彼自身も楽しんでいるようです。

三浦翔平さん演じる、「奥川康太」は池内光の婚約者。

会社を経営する母親に溺愛されていて、裕福な家庭で大事に育てられてきた優柔不断の癒し系。

今は光と同じデザイン会社に勤務していますが、母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職するという意志の強さも持ち合わせています。

光との婚約も、母親の猛反対に遭っても決して意志は揺るぎません。毎日が幸せに過ぎていく中、光の元彼が現れます。
gahag-0062908993-1

婚約しているという心の余裕がどんどん無くなり、穏やかではいられません。光を愛しているが故に、徐々に狂気じみていきます。

幸せから一転、嫉妬まみれになる心境の変化をどう演じるのか。三浦翔平さんの新たな顔に注目です。

脚本は鈴木おさむさん・演出に樹下直美さん

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%8a%e3%81%95%e3%82%80%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%8908111101

鈴木おさむさんといえば、女性お笑いトリオ・森三中の大島美幸さんの夫で、放送作家として有名ですよね。中でも「SMAP×SMAP」や「めちゃ²イケてるッ」はフジテレビを代表する長寿番組です。

バラエティー色の強いイメージですが、実は放送作家の他にも、脚本家・作詞家・パーソナリティ・タレントとマルチに活動しています。

そんな鈴木おさむさん、2015年7月に妻である大島美幸さんの出産で育児休業(本人曰く父勉)を1年間取得しました。育児休業明けの脚本の仕事は「奪い愛、冬」が初めてです。

演出を担当するのは、2016年春に放送されていた「不機嫌な果実」の樹下直美さん。

なんと「不機嫌な果実」のスタッフが再集結し、鈴木おさむさんと最強タッグを組みます!

「奪い愛、冬」は原作はなく、鈴木おさむさんの完全オリジナルストーリー。愛妻家としても知られる鈴木おさむさんが、いったいどんな愛憎劇をみせてくれるのか。

2017年1月、寒さで凍える体を激しい愛の奪い合いで熱くしてくれるドラマになりそうです。