この記事の所要時間: 3

7月期のNHKプレミアム連続ドラマ、「受験のシンデレラ」が小泉孝太郎さん主演で始まります。


小泉孝太郎さんはNHKドラマ初主演となり、共演の川口春奈さんはNHKドラマ初出演。
フレッシュなドラマになりそうです。


原作は2008年公開の同名の映画となり、東大を目指す女子高生とそれを応援する元・カリスマ予備校講師との受験を描いたストーリー。


大学受験の厳しさと現代社会の格差を同時に描いていきます。
原作やあらすじについてや主題歌やスタッフなどを紹介していきます!

原作について

受験のシンデレラ13-51-54-12_00001

2008年に豊原功輔さん主演で公開された映画、「受験のシンデレラ」が原作となります。


第5回モナコ国際映画祭で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞の4冠に輝きました。


作者は精神科医で自身も受験アドバイザーとして現在も活躍している和田秀樹さんで映画の監督もつとめています。

スタッフについて

脚本は映画でも担当した武田樹里さんをはじめ、山岡潤平さん、武井彩さんと3名で書いていくようです。


山岡さんはコメディが得意分野のようですので熱い青春ドラマの中に笑いの要素も少し期待できそうです。


音楽は映画からドラマまで経験豊富な末廣健一郎さん。


現クールでは「早子先生、結婚するって本当ですか?」で担当しています。

あらすじについて

受験のシンデレラ13-51-48-12_00002

受験のシンデレラ13-51-50-12_00003

小泉孝太郎演じる五十嵐徹は以前、受験界のカリスマと呼ばれ、東大合格率全国トップを誇る受験アドバイザー。


余命1年の宣告を受け、現在は酒に溺れ未来を悲観する日々を送っていた。


川口春奈さん演じる遠藤真紀はだらしのない母親にかわり、昼夜アルバイトに明け暮れる定時制に通う女子高校生。


偶然に出会い、どうしても高校を卒業して定職につきたいと考える真紀が徹に勉強を教えて欲しいと頼んだことから、ストーリーが展開していきます。


貧しくて塾に通えない高校生を東大に合格させることで世間を見返してやろうと考えた徹は以前のようなカリスマ講師に戻っていきます。


そして真紀の受験勉強に付き合ううちに諦めてしまった自分自身の人生にも生きる希望が沸いていくようになります。


わずか1年で東大に合格させるためにスポ根の猛烈受験勉強を描いていくドラマは「自分の人生を切り開くのは自分」ということに気づくことができるかもしれません。


目標をともにしたたことで深まっていくふたりの信頼関係や、うまく子どもに愛情をつたえられない母親愛なども見どころです。

主題歌について


主題歌はまだ発表されていません。
映画の主題歌はAKB48初期メンバーでもある星野みちるさんの「ガンバレ!」です。


同じになる可能性は・・・?
でもとっても歌詞が受験生にはピッタリのいい曲なんです。

まとめ

いかがでしたか?


現在の大学受験は教育資金をかけないと受からないという現状が一理あるようですが、それを打ち砕いていく根性ドラマとして熱血と笑い、そして未来への希望を感じられるドラマになりそうです。


小泉孝太郎さんと川口春奈さんの共演もさわやかな感じですね。


その他キャストも山口紗弥加、富田靖子、袴田吉彦など安定メンバーそろいですので期待したいです。


未来への希望を失ったどん底のふたりが、てっぺんの東大合格を目指して可能性を模索していきます。


結果はどうなるのか?ふたりは関係は?
最後まで目が離せないですね!


放送は7月10日(日)午後10時から全8話となります。