この記事の所要時間: 3

佐々木善三13-18-43-29_00001


ヤメ検の佐々木善三さんが
舛添都知事の第三者の1人として、
公私混同疑惑について説明されているのを
聞きました?


逆ギレされてましたが、
元行列メンバーの橋下弁護士さんや
住田弁護士ら大勢の人の
批判が出ていますね。


佐々木善三さんの人なら、
舛添さんを巻き込まれないようにすると
思っていたんですが、違ったようです。


佐々木善三さんも、舛添さんのように
プライドが高いのでしょうね。


そんな佐々木善三さんの
事務所やwikiプロフィール、
経歴や出身大学、学歴について
注目しようと思います。

佐々木善三の事務所

佐々木善三さんの事務所は、
森本哲也弁護士と一緒の事務所で、
晴海協和法律事務所におられます。


晴海協和法律事務所の業務内容が、

    企業活動に関連する民事訴訟の代理
    保険・労働・不動産・交通事故等の損害賠償
    企業犯罪やホワイトカラー犯罪の刑事弁護
    不祥事等に関する企業内調査の実施,刑事告訴
    事業再生,倒産手続
    企業の法令遵守に向けた各種法的アドバイスの提供
    契約交渉,契約書作成(国際商取引を含む。)
    相続,離婚等の家事事件

となっています。


舛添都知事の公私混同疑惑に
関わる業務がない感じなんですけど・・・
舛添都知事は会社もやっておられますので、
「企業の法令遵守に向けた各種法的アドバイスの提供」
なんでしょうかね?


佐々木善三さんは、
前都知事の猪瀬都知事や
小渕優子議員の調査にも
かかわっていましたので
政治関連の仕事は専門なのでしょう。


専門なのですが、
調査の仕方がちょっとあれで、
元検察の方なの?って思いますね。

佐々木善三のwiki

closeup of female meadow adder, the rare Vipera ursinii rakosiensis from Transylvania
検事時代に「マムシの善三」と呼ばれていた
こともあって、狙った案件の捜査が
執拗だったそうです。


生年月日 1953年?月?日
年齢 63歳
学歴 中央大学法学部卒業(1975年)

佐々木善三の経歴

1975年→中央大学法学部卒業
1976年→司法試験合格
1979年→検事任官(東京地検検事)
    東京と大阪の地検の各特別捜査部に9年間勤務
2000年→東京地検特別捜査部副部長
2002年→法務省大臣官房施設課長
2004年→東京地検交通部長・公安部長
2005年→横浜地検次席検事
2006年→和歌山地検検事正
2008年→最高検察庁検事
    水戸地検検事正
2010年→仙台地検検事正
2011年→京都地検検事正
2012年→検事退官
2013年→弁護士登録
    晴海協和法律事務所


長いこと検事を務めていて、
副部長まで上り詰めましたが、
住田弁護士がいうに、
舛添都知事に対する調査の仕方で
副部長までが限界だっただそうです。

佐々木善三の出身大学や学歴について

中央大学08-02-19-14_00001

中央大学法学部を卒業されています。


中央大学法学部を卒業されている
著名人の弁護士に、
大渕愛子さんらがいます。


現在いる弁護士の1/4は中央大学法学部を
卒業しているという最大派閥でもあります。


昔は裁判官の半数近くが
中央大学卒業という時代もありましたが、
現在は早慶に抜かれてしまっています。



早慶に抜かれていった理由が、
中央大学キャンパスが多摩に
置いた理由だそうですが、
近年は、中央大学幹部の方が、
都心回帰を唱えており、
早慶にとっては戦々恐々だそうです。


かつては、赤門の東大、稲門の早稲田
と並び、白門の中央大学と
知られていました。


ワタシにとっては、
どっちでもいいんですが、
弁護士を目指すなら中央大学だと
エリートコースになりやすいともいえます。