大韓航空機 出火2016-05-27_00001
大韓航空機が羽田空港で離陸寸前で出火が起きた事故について調べてみると、危険ランキングが世界で6番目にあることがわかった。


さらに、評判や安全性についても色々と見つかっている。


大韓航空は、ナッツリターンの事件が記憶に新しいですが、あの女性は現在どうなっているんでしょうか?


今回の出火事故を機に色々と考えなおしてみたいと思います。


大韓航空機の出火事故の原因や評判と安全性について注目しようと思います。

大韓航空機の出火事故の原因

2016年5月27日に羽田空港で離陸予定の大韓航空機が出火をして離陸をすとっぷしており、3つの滑走路を閉鎖してしまう次第が起きてしましました。


出火原因の公表がありませんでしたが、テレビで見る限りは、エンジントラブルかと思われます。


大韓航空機があまりにもボロいっと評しているのをネットで見かけましたが、大韓航空は航空機のライセンス生産や部品製作などと世界で唯一の航空機を製造する部門を持つエアラインとなっています。


航空機を作っているんですが、点検や整備を行っていなかったのが考えられますね。


大韓航空が運営している航空機はボーイング社製を使用していますが今回の出火は777―300型機には日本の会社のJALやANAにも使われています。


それからボーイング社製の777―300型機に次期政府専用機として使おうとしています。


出火原因をもう少し追跡していきたいと思います。

大韓航空の評判について

rocketnews24.com


上記の記事に掲載しているJACDEC(Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre)が調査した結果、大韓航空は世界で6番目に安全出来ない航空会社と評判されています。


評価する件数が60と少なくデータ的に物足りないと思われますが、JACDECは国際航空運送協会(IATA)による運航管理、整備、危機管理・保安など8つの項目と、過去30年の重大事故のデータを反映し、独自の指数としてランキングしていることだそうです。

大韓航空の安全性について

ネット民は、大韓航空は安心できないと記憶に残っているのが、墜落事故が多いことが理由だそうです。


wikiでは、大韓航空機事故で見てみると、1971年から45年で10件の航空事故があります。


1997年から1999年の3年間に連続して墜落事故を起こしています。


その他に、安全面ではあまり重視されていないかのような事件を見られます。


ハイジャック事件が2件、爆破事件、銃撃事件、撃墜事件などが1件ずつ入っていますので安全が重視されていないと見なしています。


ナッツリターン事件からみて、日本のようにしっかりとした体制ではない会社なのかもしれません。


ページTOPの掲載画像の引用元はwww.asahi.comになります。