清原和博逮捕瞬間2016-05-13_00001


清原和博さんの覚醒剤使用による逮捕から、早くも約3ヶ月が過ぎようとしている。


勾留所から千葉県の松戸病院へ直行入院して、転院しただの、焼肉弁当を配布しただの清原和博さんの注目がまだまだ続いています。


そんななかで、清原和博さんの裁判はいつ?証人は?弁護士はだれなの?と気になりましたので、調べてみました。


清原和博さんについて、
裁判日程や傍聴券の競争倍率はどれぐらい?
証人や弁護士はだれなの?
などと注目しようと思います。

裁判日程

清原和博さんの覚醒剤による裁判は、2016年5月17日(火曜日)の午後1時30分に開廷されます。


裁判事件名が、覚せい剤取締法違反 平成28年特(わ)第247号等となっています。


清原和博さん裁判は、酒井法子さんのことのりぴーやASKAさんのように大行列になること思われ、史上記録的な人数になることは間違いないです。


酒井法子さんの時は、傍聴席20人に対して6600人以上の行列を作り出しています。


競争倍率は330.75倍!


ASKAさんの時は、21席の傍聴席に対して2600人以上の行列で約126倍でした。


オウム真理教の教祖の麻原彰晃こと松本智津夫の時は、12292人の約256倍率。


清原和博さんの裁判はおそらく上記にあった人数を超えてくるかと思われます。

傍聴券について

清原和博さんの裁判の傍聴席を求めて抽選を行いに行列を作るのが予測され、ニュースやテレビにも報道されるのでしょう。


傍聴券の抽選について調べてみると、平成28年5月17日午前11時より日比谷公園の祝田門付近で抽選があります。


抽選をするための整理券配布が午前9時30分から午前11時まで。


東京地裁の記者クラブに加入していないマスコミも膨張を希望するので一般人とマスコミの大行列になりそうです。


抽選に参加して傍聴券を引いてマスコミに回す方もいて、裁判所前に「券あるよ!」とか「券ないか?」との声も響き渡っている風景も不思議ではないそうです。

清原和博の裁判の証人について

清原和博さんの裁判の証人については、野球評論家の佐々木主浩さんが情状証人として出廷することに決まった。


清原和博さんと佐々木主浩さんのつながりは、清原和博さんが高校2年の時に甲子園で知り合ったことがキッカケで共にライバルで親友と呼び合っていた。


2015年の清原和博さんが表舞台に出てくるようになったのも佐々木主浩さんが声をかけたのがキッカケ。


桑田真澄さんや元木大介さんより深い関係を持っていますが、佐々木主浩さんにとっばちりを受けそうで大丈夫か?と感じなんですが・・・


佐々木主浩さんも勇気がありますね。

清原和博の裁判の弁護士について

清原和博さんの初公判に女性弁護士が担当する予定です。


清原和博さんの覚醒剤使用を受けて「覚醒剤は犯罪ではなく、清原は被害者」と人権派の神原元弁護士が話題を呼びだしたのも記憶に新しい。


神原元弁護士の奥様も美人弁護士で清原和博さんの担当弁護士となるのではないかな?と勝手に想像。


ページTOPの掲載画像の引用元はnewsland.jpになります。