この記事の所要時間: 4

吉田勝次2013-03-01_00001
吉田勝次さんの洞窟探検家として、メディアやテレビでの露出が増え、ワタシとしても気になりました。


ロッククライミングみたいな格好しているんですが、登るのではなく降りていくことが極意だそうとか・・・w


そんな洞窟探検家の吉田勝次さんについて、
経歴や年収についてや
結婚して嫁や子供はいるの?
などに注目しようと思います。

吉田勝次の経歴は?

TVで紹介され、国内外で1000以上のの洞窟探検経験を持っている吉田勝次さんは土建業の勝健工業を営む傍ら、洞窟探検チーム「JET」や洞窟探検プロガイドチーム「チャオ」の代表を務めています。


洞窟探検家としての経歴は豊富で、1994年に雑誌企画の静岡県洞窟探検をし翌年にはボルネオ島に遠征しました。


1996~1997年にかけて、岩手県にある日本最長の安家洞を調査探検し砂山連洞を発見し、1997年にグアム島南部の洞窟探検、1998年に韓国済州島の溶岩洞窟を探検しています。


その後も、2005年にマダガスカル島のチュリアル洞窟調査、2006年に中国の新洞窟調査、2007年にアメリカの新洞窟調査、2008年にベトナムの新洞窟調査と沖永良部島の洞窟調査、2010年に奄美大島の洞窟調査と探検しています。


2010年からは三重県の霧が出る洞窟として知られている霧穴調査隊に加わっています。


第一人者としてTV企画にも協力し、2012年の1年間で、パプアニューギニアのポミオ洞窟、西表島の新洞窟発見 ベトナムの世界的な火山新洞窟発見、ハワイ島の溶岩洞窟探検、ミャンマー国境地帯の洞窟踏査などと精力的に活躍されています。

吉田勝次の年収について

吉田勝次さんは、洞窟探検家として日本から世界中へ足を運んでいます。


いろんな洞窟を探し、入って冒険する事が楽しくなっています。


そんな吉田勝次さんは、登山を趣味にしていましたが、誰も行かないような洞窟の魅力に嵌ります。


探検家として、テレビ出演、ガイド、ツアーサポートまでこなします。


ロッククライミングは、登って行く事が基本になりますが洞窟探検は、降りて行く事が基本になります。


吉田勝次さんは、普段、建設会社の社長をして収入を得ています。


子供が6人いる父親であり、生活のために会社と探検家をしています。


また、洞窟探検家の収入は、ガイド派遣料やテレビ出演料が主になります。


ガイド派遣料は、行き場所、日数時間により収入が違ってきます。


一件の依頼で、平均1万円前後貰えるシステムと言えます。


吉田勝次さんのような知名度があれば、依頼も多くなり収入が高くなるはずです。


テレビ出演料などは、ガイド派遣料より高額なギャラが期待できて生活、探検費用に充てられます。

吉田勝次に結婚した嫁や子供はいる?



吉田勝次さんは、洞窟探検家として世界中で活動している人です。


洞窟は、秘境、山、川、ジャングルなどにあり、そこで潜る、入るなど探検をして行きます。


世界には、とても危険な洞窟があり吉田勝次さんは、誰も行った事のない洞窟をガイドする仕事もしています。


一般人で参加してみたい人へ、ツアーとして案内していきます。


美しい景観、冒険、達成感は、体験した人しか味わえません。


また、TV撮影のガイドサポート、学術探査、研究機関からの依頼もあり、活動の幅も広いと言えます。


吉田勝次さんは、探検家の顔以外に建設会社社長でもあります。


21歳の若さで設立しますが、最初は仕事も草刈り程度しかなかったそうです。


建設関連の仕事をこなす傍ら、洞窟探検のエキスパートとして充実した日を送っています。


そんな吉田勝次さんは、結婚をしていて嫁、子供がきちんといます。


子供は、なんと6人いるようで子煩悩の一面があるようです。


プライベートは、あまり公表しない人ですが、やはり子供も探検が好きなのでしょう。


ページTOPの掲載画像の引用元はwww.stamps-magazine.comになります。