この記事の所要時間: 7

ayakaze-ran
宝塚にいる彩風蘭さんを

テレビで見かけて、気になりました。



彩風蘭について、

現在や本名、

当時の同期や同期の男役、

旦那や子供などと

注目しようと思います。

現在について

彩風蘭さんは元宝塚に

所属されていた方で花組で活躍されていました。


1996年に宝塚歌劇団に入団され、

好きな花の名前と舞台を彩る娘役に

との願いをこめて「彩風蘭」と

命名されて活動されていました。


そして2004年に

東京宝塚公演「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」を

最後に退団され、その後は舞台やCMを

中心に活動されていたようです。


2006年には中国電力や金城大学のCMに、

2007年には住友不動産のCMに

出演されています。


舞台では2008年に「魔弾の射手」や

2009年に「宮川大助・花子 結成30周年記念公演」等に

出演されています。


2008年ごろに所属されていた

サラ・プロジェクトを退社され、

現在はフリーとして活動される中、

俳優ワークショップで俳優特待生として

俳優の役割や、表現力、物語を読み解く力などの

指導を受けられているそうです。


退団された後も俳優として

勉強を重ねておられるので今後の活躍にも

期待できそうです。

本名は?

宝塚での名前の付け方としては、

先輩等に付けてもらう、

自分でつける等があります。


基本的には姓と名と言う形にすると

言うのが最小限のルールになっており、

さらに舞台に立つときは本名で活躍するのではなく

必ず芸名を付けると言うのがルールとなっています。


中には本名から1文字だけ変えて

芸名としていた人も存在していますが、

多くの人の場合が実際の名前とは

明らかに違っている名前にする事が

多いのが現状です。


また名前に関しては自分でつけたいと

思った物に対して宝塚側がOKしなければ

使う事が出来ないので、

今世の中で知られている名前は

全て宝塚側にOKを貰った名前となっています。


では、彩風蘭さんの本名は

どうなっているでしょうか。


彩風蘭さんは宝塚歌劇団で

娘役として活躍されました。


本名は公文裕子さんと言います。


2004年に宝塚を退団してからは

舞台やテレビ、ラジオ、CM等幅広く

活躍しており、本名の公文裕子さんと言う

名前から「ゆうこ」「らん」と言った愛称で

活躍されている時もあります。

同期について

彩風蘭は元宝塚歌劇団82期生の花組娘役です。

1994年に宝塚音楽学校に入学し、

その後1996年に82期生として

宝塚歌劇団に入団。


花組の娘役として配属されて活躍しました。


愛称は「しゃあぱ」「ゆうこ」「らん」等と

呼ばれていました。


同期には、元花組トップスターの蘭寿とむ、

元雪組トップスターの壮一帆がいます。


また、娘役の同期は

元雪組娘役トップの紺野まひるです。


その他の同期には、

元月組男役スターの遼河はるひや、

現在も現役で宙組副組長を

務める美風舞良がいます。


彩風蘭の芸名の由来は、

好きな花である蘭の花の名前と、

舞台を彩る娘役になるように

との願いが込められています。


2004年に「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」で

退団するまで、数多くの舞台で活躍しました。


退団後は主に舞台を中心に活躍しています。


また、テレビCMやラジオなどにも出演しています。


現在はワークショップなども行い、

後進の育成などにも貢献しています。

同期の男役は?

宝塚歌劇団82期生である彩風蘭の同期には、

多くの男役やトップスターがいます。


82期生が合格した宝塚音楽学校の入試倍率は

過去最高の48.25倍を記録しました。


現在退団された方がほとんどであり、

女優として活躍される方も多くいます。


2014年に退団し、現在女優として

テレビや舞台で活躍する

元花組男役トップスター『蘭寿とむ』さん。


同じく2014年に退団し、

現在も舞台出演が決まっている

元雪組男役トップスター『壮一帆』さん。


女優として多数のテレビドラマなどに出演し

その存在感を示している

元雪組トップ娘役の『紺野まひる』さん。


女優として活躍しながら、

その飾らないキャラクターが受け、

バラエティ番組などにも多数出演されている

元月組男役の『遼河はるひ』さん。


現在芸名を変え、『宮本真希』として

女優活動を行う元星組娘役『斐貴きら』さん。


2011年退団後、

ハウステンボス歌劇団の『優雅』として

活躍されている『研ルイス』さん。


82期生の中で唯一現在も宝塚歌劇団に所属し、

宙組副組長を務める『美風舞良』さん。


などと数多くの男役がいることに

ビックリしております。


宝塚を支えられた女生が

合格するニュースをよく見かけますが。。。

多くがものすごい喜びようなんですね。


その理由がわかりかけてきたような。。。

旦那や子供は?

彩風蘭さんと言えば、

宝塚歌劇団の娘役として活躍していた人です。


花組に所属して、同期に遼河はるひさん、

元雪組トップ娘役の紺野まひるさんがいます。


規則、礼儀が厳しい宝塚で、

彩風蘭さんが入学した年の競争率は、

驚きの48.25倍を記録し

未だこの記録は破られていないようです。


代表作として、

エリザベート 「愛と死の輪舞」の

ヘレネ役がファンの間で心に残っています。


宝塚で約10年間在籍をして、

2004年に

東京宝塚劇場公演「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢」が

最後の舞台になります。


退団後は、芸能界に活躍の場を移し、

舞台、ドラマ、ミュージカルなどに出演していきます。


2009年、2011年には、

宮川大助 花子さんの結成記念公演に

主演するなど交流が見られます。


そんな彩風蘭さんは、現在40歳になりますが、

結婚はしていないようです。


旦那、子供がいなく熱愛の噂も

あまり聞かれないです。


まだまだ、若い気持ちが強いのか、

舞台や宝塚OGとして役者に意欲をみせています。



ページTOPの掲載画像の引用元はunodame.comになります。