佐藤久男2016-04-21_00001
佐藤久男さんの

活動が自殺者を減らしたことで、

NHK総合「プロフェッショナル」に

放映されることで、下調べをしました。




近年、中小企業経営者や

多重債務者の自殺をする人が増えているのを

見かねて、自殺防止に取り組むNPO法人を設立した

佐藤久男さんは、県職員を捨ててまで運営に関わっています。



そんな佐藤久男さんについて、

wikiプロフィールや経歴、

結婚して嫁や

出身高校や大学などに

注目しようと思います。

wikiプロフィール

佐藤久男さんのwikiにはこれまでの

人生がすべて記載されています。


佐藤久男さんのプロフィールは

秋田県づくしになっています。


生年月日は1943年の10月20日で、

秋田県に生まれます。


秋田県の実家は先祖代々受け継がれていたもので、

現在も築100年を越えた蔵が残っています。


家は何度か建て替えをしているので

最新設備が整っていますが、

古い蔵の中には佐藤久男さんの先祖が

使用していた家具などが残っています。


仕事の関係で上京をすることが多く、

そこで知り合った秋田県を出身地と

する学生や社会人と交流を深め、

現在も交流は続いています。


秋田をこよなく愛しているため、

秋田県をさらに良い県にしようと考えて、

県職員になります。


地域交流に尽力し、

その後は会社を立ち上げるために退職をします。


立ち上げた会社は出身地で

ある秋田県を本拠地としていますが、

子会社を他県にも作るほど業績は安定しています。


これからも秋田県のために

身をささげようという覚悟を持っています。

結婚して嫁はいる?

佐藤久男さんとお嫁さんは、

大学の時に知り合い、

数年の交際を経て結婚し夫婦になりました。


お嫁さんは結婚と同時に

勤めていた会社を退職し、

専業主婦として佐藤久男さんを支えて、

子育てに全力を尽くしました。


子供が成長して、少し時間に余裕が

できるようになったら、

家の周りにある広い庭に家庭菜園を

するようになりました。


以前から安心な野菜を食べたいと

考えていたこともあり、

平らな土地を耕して

畑にすることから始めました。


佐藤久男さんは

仕事で忙しかったので

一切手伝うことはなく、

お嫁さん一人で土を耕して

立派な畑を作りました。


最初は畑のスペースが

1メートル四方だったのに、

今では庭のほとんどが

畑のスペースになっています。


収穫する野菜も最初は

いびつな形のものが多かったのに、

現在では店頭に並んでいるような

美しい形の野菜になっています。


佐藤久男さんは、

お嫁さんから老後はもう少し田舎に

引っ越して本格的に農業をしたいと

お願いされているので、

今から移住先を探しています。

経歴について

佐藤久男さんは

初対面の人と自己紹介をするときに、

名前だけを確認しあい、年齢や職種、

経歴については一切触れないことにしています。


それは学歴や職業など

付属物だと考えており、その人と人となりを

見てほしいと考えているからです。


誰にも公平な態度で接する佐藤久男さんは、

とても清廉潔白な人だという

イメージを持たれているため、

多くの人が口には出さないけれど、

佐藤久男さんの経歴について興味を持っています。


佐藤久男さんは

自分では出身地のことを話すことはありませんが、

ふとしたときに出る秋田弁で、

出身地が秋田県だとわかります。


佐藤久男さんは大学から上京したので、

今ではほぼ方言はなりを

ひそめて標準語を話していますが、

驚いたときや興奮したときに、

秋田弁がちらほらと顔を出します。


秋田出身の人は、

どれだけ秋田弁を標準語の中に隠そうとしても

わかりやすいということです。


その他の経歴としては大学出身で、

その後は都内にある会社に就職したことがわかっています。

出身高校や大学について

佐藤久男さんは秋田出身で、

地元の高校を卒業、大学は地元を離れて

上京し、有名大学に通いました。


勉学に小さいころから

興味を持っていたため、

難易度の高い大学に入学して、

いわゆる高学歴だと呼ばれる部類になっています。


しかし佐藤久男さんは学歴なんか意味がない、

人間は中身が大事だという考え方をもっていたため、

就職活動やアルバイトをするときに書いた履歴書以外では

学歴について書いたり触れたりしたことがありません。


佐藤久男さんは、新しい人との出会いがあると、

自己紹介するときは名前を確認しあうだけで

年齢や学歴、勤め先などの情報を交換しません。


いくら人間は中身が大事だと考えていても、

年齢や職業、学歴などがあることで、

無意識のその人の人物像を

作ってしまいがちだからです。


真っ白の状態で、会話を重ねることで、

その人は一体どんな人なのかを

判断するようにしています。


誰にも公平な目線で接する佐藤久男さんは、

多くの人から尊敬される人になっています。




ページTOPの掲載画像の引用元はbook.asahi.comになります。




佐藤久男さんの執筆本やインタビューなどで妄想したドキュメントになります。

事実に基づいておりませんが、フィクションに近い記事になります。