NHK大河ドラマ「真田丸」の

イメージを外装にした特別車両の

ラッピング電車が3月1日から

和歌山線で走らせることになった

ことから話題になっています。


高野口駅のラッピング電車は

他と違うのかな?

高野口駅の高野口町と真田丸の関連は?

真田丸のラッピング電車の運行期間は?

などに注目しようと思います。

真田丸のラッピング電車の運行期間は?

真田丸のラッピング電車2016-03-03_03

和歌山線の真田丸のラッピング電車は、

今年(2016年)の12月までと予定されている。


長野線の真田丸のラッピング電車は、

調査中です。

高野口駅の高野口町と真田丸の関連は?

高野口町周辺ではなく、隣の九度山町が

真田のゆかりと言われており、

高野口周辺はこれの人気にあやかって

いることになります^^;


高野口駅周辺に住んでいる住民は

疑問を多く持っているそうでした。


地図をみればわかりますが、

九度山町には、JR線がなく、

九度山駅もありません。


九度山町では、真田信繁が、

生涯で一番長く住んでいたと

言われているところで、

真田ミュージアムもある所です。


関連リンク → 真田ミュージアム


真田幸村は真田信繁の通称。


なぜ?真田幸村になったのかといえば、

当時は、真田信繁の歴史を本や記録に

残そうとすると、徳川家康に消されて

しまう恐れから、真田幸村にしたそうです。

真田丸のラッピング電車について

真田丸のラッピング電車2016-03-03_01

長野線と和歌山線に

真田丸のラッピング電車が

あることがわかった。


しかも多少はデザインが違う。


いろんな真田丸のラッピング電車に

乗ったり、撮ったりするのも一向ありかな?


ページTOPの掲載画像の引用元はmainichi.jpになります。