松本利夫2016-02-22_02
 EXILEのMATSUこと松本利夫さん。



なんと今年で41歳です。



2015年にEXILEのパフォーマーを引退しました。



そして、2016年2月から「劇団EXILE 松組」
の組長としてグループを立ち上げ、
「刀舞鬼-KABUKI-」の旗揚げ公演を
行っているようです。



それに伴い、彼についてをまとめました。



彼は結婚している?髪型が良く変わる?難病を患っている?



プライベートや気になる情報を、まとめてみました。

松本利夫について

松本利夫2016-02-22_03

松本利夫のプロフィールは?結婚している?

(1)松本利夫のプロフィールは?

名前:MATSU
本名:松本利夫
生年月日:1975年5月27日(2016年2月現在40歳)
血液型:O型
出身:神奈川県川崎市
身長:170cm
体重:58㎏
Instagram(インスタグラム):http://instagrammernews.com/user/2150759132



EXILEのメンバーの中ではあまり差は無い
ように見えますが、実は2番目に身長が低いです。



EXILEでは体脂肪率が10%を超えると
「デブ」扱いされる中で、松本利夫さんは
3.9%(2015年9月測定)と、ダンスで
非常に鍛えられています。

(2)出身校は?

 麻布中学校を卒業後、麻布高校へ進学しました。



この高校は自由な学校で、1年生で2年分の単位
をとれば2年生からは自分の道に専念できるそうです。



松本利夫さんは16歳の時にダンスに興味を持ち、
それに集中していました。



他にも、麻布高校出身には有名人が多く輩出しています。



政治家が多いようで、元総理大臣の橋本龍太郎さんや
福田康夫さんも、この高校の出身のようです。

(3)髪型について

 EXILEの松本利夫の髪型といえば、
がっちりと固めたオールバックですが、
EXILEの前身ともいえる「J Soul Brothers」
では、なんとドレッドヘアーでした。



ほか、ドラマや映画出演時の役どころによって
髪型を変えています。



2013年11月公開した映画
「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」では
主演を務めました。



ここでは固めていない、風でなびくような
フワッとした髪型にしています。



さらに2011年のNHKドラマ「神様の女房」
では井植歳男役で、なんと真ん中分けの髪型にしていました。



俳優としての仕事のこだわりを感じます。

(4)結婚している?

 2013年7月22日に、9歳年下の
一般人女性と結婚しています。



2006年からの付き合いで、「ベーチェット病」
という持病で体調を崩した松本利夫さんを
介護していたそうです。



2014年1月1日の報道内容から、まだ子供は
居ないと思われます。



闘病を支えてくれた奥様と、末永く幸せになってほしいですね。

松本利夫の持病について

松本利夫2016-02-22_01



松本利夫の持病「ベーチェット病」とは?

(1)松本利夫の持病について

 松本利夫さんは、高校生の時に「ベーチェット病」
を発症したそうです。



この病気は自己免疫疾患の一つで、感染原因は不明。



症状としては疲れが溜まると口内炎が発生し、
両足に赤い斑点が出てきて、高熱も出て
3日も動けない日もあったそうです。



しかも「J Soul Brothers」加入したばかりの時に
発症したようで、激痛で歩けない日もありました。



その中で、薬で痛みを抑えながら夢に向かって進んでいたそうです。

(2)ベーチェット病の歴史、患者数について

 ベーチェット病について具体的に書くと、
地中海沿岸、中近東、中国、韓国、日本に
患者数が多く、その分布から「シルクロード病」
ともいわれます。



日本が最も患者数が多く、厚労省の特定疾患受給者証に
基づく調査では、1974年に2767人でしたが
年々増加していて、2000年には17203人、
2015年の患者は20000人以上です。

(3)ベーチェット病の症状について

 主な症状は4つあります。



1つは口内炎。



痛みを伴い、普通の口内炎との識別は困難だそうです。



2つ目は眼の症状。



急に視力がなくなったり、改善したりというのを経験します。



3つ目は外陰部症状。



男性の場合は陰茎などに腫瘍が出来ます。



多くの人はこの時に病気を自覚するそうです。



4つ目は皮膚症状。



皮膚の過敏性が極めてデリケートになります。



髭剃りの後などに顔が真っ赤に腫れたりするそうです。



検査の時はこれを利用して、採血の際に
針を刺した部分を観察して判別するそうです。

(4)松本利夫の目について

 松本利夫さんは、2006年に左目の視力が
ほとんど無くなってしまったそうです。



EXILEとしての活動が忙しくなり、
体調管理が出来ていなかったことが原因でした。



活動を続けるかどうかを悩んだ末、EXILEを
続けることを決意し、「この病気を持っている
自分の姿を見せることによって、自分と同じ
病気を持っている人やその他の人たちに勇気を
与えられたらと思いますし、自分の使命
でもあると思ってます。」
と話していました。



同じ病気を持っている人は少なくないようなので、
勇気をもらっている方も多くいるのではないでしょうか。

まとめ

1.2016年2月から「劇団EXILE 松組」の
「刀舞鬼-KABUKI-」の公演をしている。



2.EXILEメンバーの中では身長は低い。



3.体脂肪率は3.9%。



4.出身校は麻布高校で、政治家が多く輩出されている。



5.髪型はドラマや俳優の役どころによって変えている。



6.持病を支えてくれた9歳年下の一般人女性と結婚している。



7.高校生の時期にベーチェット病を発症している。



8.ベーチェット病の感染者数は世界の中で日本が
最も多く、2015年現在20000人以上患者がいる。



9.2006年、松本利夫さんは左目の視力が
ほとんど無くなっても
「同じ病気の人に勇気を与えるため」
EXILEを続けることを選択。


ページTOPの掲載画像の引用元はhttp://ameblo.jp/cocochan225/entry-12055315107.htmlになります。