涌井秀章2016-02-17_01

ロッテで、去年2015年にリーグ最多勝利投手の

タイトルを獲得して、復活劇を見せた

涌井秀章さんです。


今年は、押切もえさんと熱愛報道が発覚され、

真剣に交際を考えています。とヤフーニュースに

掲載されていました。


涌井秀章さんについて、


結婚や子供についてや

出身高校や成績、年俸などの

涌井秀章さんについて注目しようと思います。

涌井秀章の結婚や子供について!

涌井秀章さんは今までに、

フリーアナウンサーの杉崎美香さんとの交際が

発覚されたり、AKBの板野友美ホステスなどと、

問題を起こしたりしていました。



今回の押切もえさんの熱愛報道は、結婚までは

至らないと思われます。


なぜなら、涌井秀章さんのようなスポーツ選手には、

健康管理などと厳しい環境で自己管理が必要だと

思われるんで、押切もえさんのような人気のある

女優さんとは生活のズレでうまくいかないとかいって

破局を迎えると予想されます。


涌井秀章さんの子供ができると、ハリがでて、

もっと頑張れるようになれる選手だと思うので、

早く子供を設けてほしいなっと思う選手では

あるのだがそこは難しいですね。


相手がいてこその結婚なのですから、、、


まだまだ、いろいろと熱愛スクープや、問題を

起こしている間には、結婚や子供の可能性は

全く無いと思われます^^;

涌井秀章の出身高校は?

涌井秀章さんは千葉県松戸市出身で、

松戸市立寒風台小学校、松戸市立第六中学校

を卒業しています。


中学校を進学後、シニアリーグ(松戸シニア)

で野球を始めて、高校は横浜高等学校に進学


入学当時は、松阪二世とも呼ばれ、

期待していた選手だったが、甲子園では

思うような成績を残せなかった。


成績は残せなかったが、甲子園では、

147㌔を計測したのを見た松阪大輔は、

「相当な努力をした」と称えたそうです。


最速148㌔のストレートとスライダーを武器に

戦ったが最高成績は、甲子園ではなく、

国民体育大会の優勝である。


その国民体育大会では、決勝に、

ダルビッシュ有の東北高校を下している。

涌井秀章の成績は?

去年の2015年にロッテでリーグ最多勝利の

15勝
をとって、最多勝利投手

タイトルを獲得。


2015年だけではなく、西武時代にも、

2007年の17勝2009年の16勝

タイトルを獲得している。


2009年には、沢村賞も獲得されている。


プロ野球生活10年で108勝を飾っているので、

順調に勝利を重ねていけば、名球会入りの

条件である200勝に届く計算である。


はたして、200勝を取れる大投手となれるか?

は期待のできる選手だが、スキャンダルや、

フライデーなどのスクープの多い選手でもある。


今年2016年には、押切もえと熱愛が発覚され、

自生活には何かと派手な印象を受けます。


自生活さえコントロールできるような選手に

なれば、200勝の大投手になれるだろう?

涌井秀章の年俸は?

西武時代には、年俸が800万円からスタートして、

トントンと上がっていき、最終的には、2億2000万円。


その後西武と契約交渉で難航し、年俸調停などと

折り合いが合わないこともあり、西武を出て、

ロッテに入団された。


ロッテでは、2億2000万円の現状維持が続き、

今年の2016年には、大幅の年俸アップの期待

できそうな雰囲気です。